相談回答詳細

外耳炎について

30代女性

元々すごく耳が痒くなるタイプで、昨日、ドラッグストアで耳が痒い人向けの液体の塗り薬を見つけ、購入してみました。塗ってその場は終わったのですが、1日経って、今朝、朝から耳が詰まった感じ、もっと痒みが増え、食事中にやや耳が痛くなるようになりまました。 近くの耳鼻科が今日お休みだったので、初めて伺う耳鼻科に行ったところ、外耳炎とのことで、耳の中に液体のようなものを塗って診察は終わりました。 そのあとより痒みが強くなっているのですが、どういうことに気をつけて生活をすればいいか、また、どのくらい治らなかったらもう一度診察に行くべきか教えていただけると幸いです。

耳鼻咽喉科

ご質問いただきありがとうございます。耳鼻咽喉科専門医の音良林太郎と申します。耳のかゆみから外耳炎を発症してしまい、治療をうけるも痒みがひどくて困っていると言うことですね。結論から申し上げますと、痒みが強くなっているならば再度受診を検討していただいた方が良いように思います。まず前提として、耳がかゆくなる理由はほとんどがさわりすぎによるものです(アトピー性皮膚炎の方を除く)。まず、耳たぶから鼓膜に至る外耳道の皮膚は、他の部位の皮膚と比べ非常に薄く、刺激に弱いです。耳掃除のしすぎやカナル型イヤホンの挿入により、すぐに炎症をおこし、痒みを生じます。さらに、耳たぶから鼓膜に至る外耳道の皮膚は、自然と耳垢を排泄する能力がありますので、極論を言うと耳掃除をする必要は無い、と考えられています。多くても耳掃除は1ヶ月に1回以下に減らすように心がけて下さい。 質問者様の経過を考えると、慢性的な痒みを感じていることから、外耳道の軽い皮膚炎状態がクセになっていたのでしょう。そこに細菌感染が起こることで痛みを生じ、外耳炎に至っていると考えられます。今感じている痒みは、他の部位で言うと傷が治るときに感じるかさぶたの下で生じる痒みとほとんど同様です。傷が治るとき、皮膚は創傷治癒を促す物質を出し、同時に痒みを感じます。ですので、現在の痒みに対しては、とにかく触らず、おさまるのを待つしかありません。ただ、耐えがたい痒みに感じることもあると思いますので、その場合はお薬による補助が必要です。次に受診したときは塗り薬ではまた触ってしまうことになるので、点耳薬といって液体のかゆみ止めを処方してもらうと良いでしょう。 受診の目安ですが、症状によって生活に不便を感じるならば受診を検討して下さい。現時点で痒みがつらいと感じるならば、早めに再受診していただくと良いでしょう。我慢できる程度であれば、痛みを感じなければ受診せず治るのを待つのも方法だと思います。 以上回答させていただきます。この回答がお役に立てば幸いです。また何かありましたらお気軽に質問下さい。

0

2022年08月31日 22時33分


参考になりましたか?
ハートを贈り音良林太郎@耳鼻咽喉科 MD, PhD先生を
サポートしよう!

耳鼻咽喉科専門医•指導医の音良林太郎@耳鼻咽喉科です。みみ、はな、のどの病気や、首の腫瘍など、気になることはなんでもご相談下さい。専門は耳科、聴覚ですが、めまい、鼻、頭頸部腫瘍、甲状腺なども扱います。

音良林太郎@耳鼻咽喉科 MD, PhD
先生の回答一覧