相談詳細

血栓症について教えてください

20代 女性

低容量ピルのトリキュラーを服用しています。 血栓症は常に意識しているのですが、症状とされている「足の痛み」のイメージがよくわからず、教えていただけると幸いです。 実際に足が下記のように痛むことがあるのですが、つい先月別件で血液検査をした際は特に異常はありませんでした。 ・ズキっとした、一部分的な痛み ・歩けないほどではなく、違和感程度 ・安静にしている時も出る ・一度、もしくは2-3分程度で消失する ・痛む場所は毎回変わる おそらくこれは血栓症と全く関係無い痛みなんだろうな、と思い放置しているのですが、実際に気をつけた方がいい痛みはどんな感じの「痛み」なのでしょうか…? また、その症状が現れた際はすぐに救急車を呼んだ方がいいのでしょうか。後日内科を受診などでも大丈夫でしょうか。

回答済み

一般内科

ご質問ありがとうございます。 綺麗にまとまった記載のオープンアクセスのものがすぐに見つからず、こちら、産婦人科学会のガイドライン(案)となってはしまいますが(この記載をもとに後に出版されているはずです)、 https://www.jsog.or.jp/news/pdf/CQ30-31.pdf A:abdominal pain (激しい腹痛) C:chest pain(激しい胸痛、息苦しい,押しつぶされるような痛み) H:headache(激しい頭痛) E:eye / speech problems(見えにくい所がある,視野が狭い,舌のもつれ,失神,けいれん,意識障害) S:severe leg pain(ふくらはぎの痛み,むくみ,握ると痛い,赤くなっている):患側下肢の下肢静脈に沿った片側腫脹,熱感増加や皮膚の発赤,立位または歩行時に感じる下肢疼痛・圧痛 とあります。 これらは、静脈(全身の組織から心臓へ帰っていく血の通り道)に血栓ができてしまうことによる症状で、有名なのは脚の静脈にできるものですね。この記載にあるように、むくみ、赤みや熱を伴い、握ったり歩いたりすると痛い、という場合は疑わしいです(これらすべてが出る場合もあればそうでない場合もあります)。また痛みの感じ方は人それぞれではあるので、「この痛みは絶対に違う」と分かるものでもありません。 下肢静脈血栓症もどれくらいの範囲にわたって静脈が詰まっているかでも対処が変わってきます。救急か後日受診かの判断も、その症状や程度、地域の医療体制等にもよるので一概には申せませんが、極めて疑わしい場合は救急要請でも個人的には問題ないかと思います。 悩む場合は#7119への相談をご検討いただければと思います。 https://www.fdma.go.jp/mission/enrichment/appropriate/appropriate007.html

2021年11月07日 21時26分


参考になりましたか?
ハートを贈りばりすた☕️脳神経内科医先生をサポートしよう!

ご質問頂き有難うございます。ばりすた先生の詳しい解説でご理解頂けたかといますが、産婦人科医の視点から、一般的なOC(低容量経口避妊薬)内服時の静脈血栓塞栓症の症状についてご説明させて頂きます。 ばりすた先生の解説と重複する内容もありますが、ご了承下さい。 ご心配の通り、OCの重篤なリスクとして静脈血栓塞栓症があります。 頻度としては、一般の方(OCを内服していない方)が1万人あたり年間1-5人であるのに対して、OCを内服されている方は1万人あたり年間3-9人と若干増加します。(※ 妊婦さんの場合は、1万人あたり年間5-20人と更に増加します) また静脈血栓症の症状が出てくる時期としては、OCを内服されてから4ヶ月以内に増加するという報告があります。 具体的な症状ですが、既に解説されている通り「ACHES」というものがあります。 A:Abdominal pain(激しい腹痛) C:chest pain(激しい胸痛、呼吸困難) H:headache(激しい頭痛) E:eye/speech problems(視野の障害、言語障害、意識障害) S:severe leg pain(ふくらはぎの痛み、熱感増加や皮膚の発赤) と、上記の略語になります。 静脈血栓症である場合には必ずしも上記の症状を認めるわけではなく(中には無症状の事もあります)、上記の症状を認めた際には速やかに医療機関を受診して下さい。 産婦人科以外の診療科を受診場合には、必ずOC(低容量経口避妊薬)を内服されている旨を担当医の先生にお伝えし、お薬手帳を持参するようにしてください。 また、ご質問者様の症状から診断をすることは出来ませんが、実際に「痛み」の症状はありますので、気になる様でしたらかかりつけの主治医の先生にご相談して頂く事をお勧めします。 どうぞお大事になさって下さい。

2021年11月08日 18時56分


参考になりましたか?
ハートを贈り産婦人科医とみー先生をサポートしよう!

産婦人科専門医。特に産科領域・婦人科領域に関するご相談を受けさせて頂いています。