相談詳細

からすみにはリステリア菌がいますか?

30代女性

妊娠6ヶ月の妊婦です。 好物だったでしょ、とイタリア産のカラスミを一腹頂いたのですが、リステリア菌が気になります。 頂いたカラスミは塩分相当量が100gあたり3.6gほどしかありません。 やはりカラスミにはリステリア菌がいて妊婦が食べるのは危険なのでしょうか?

回答済み

産婦人科

ご質問ありがとうございます。 妊娠中の食べ物について、食べた後で調べて不安になってしまう事はよくあります。きっとご不安な事と思います。 リステリア菌は、土壌、河川、動物の腸管内などの自然界に広く分布しており、私たちがリステリア菌に汚染した食品を摂取することにより発症するのがリステリア感染症です。高塩濃度下でも増殖します。 健康な成人では非常に多くのリステリアを摂取しなければ発症しないため、賞味期限や保存方法を守っていれば、食中毒が発生するほどの菌数にはなりませんが、妊婦さんが感染すると、リステリアが胎盤や胎児へ感染し、流産や生まれた新生児に影響がでることがあるので注意が必要です。具体的には、 ・生ハムなどの食肉加工品
・未殺菌乳、ナチュラルチーズなどの乳製品(加熱をせずに製造されるもの)
・スモークサーモンなどの魚介類加工品 などに注意が必要です。 ちなみにからすみはどうかというと、 フランス国立健康教育・疾患予防研究所が2007年9月に作成したフランス国民栄養健康計画(PNNS)の「妊娠中及び産後期の栄養」の「リステリア症及びトキソプラズマ症」の章で、妊婦に生カキや鮮魚(寿司、すり身、タラマ(訳注:たらこ又はからすみにオリーブ油、レモン汁を加えたペースト))及び魚のくん製(サケ、マス)を食べないように勧告している、との記載がありました。 つまり、からすみ自体は大量に食べるものではないですが、妊娠中は一応は気をつけた方がいい魚介類加工品と言えると思います。全てリステリアがいるわけでは決してありません。むしろリステリアがいる方が少ないと考える方がいいかと思います。 ただ、いつ召し上がったのか詳細はわかりませんが、現時点で特に症状がなく、赤ちゃんも問題がないようであれば、あまり心配しすぎずに様子見になるかと思います。それに、最初に述べた食べ物を食べた人が皆感染症を発症するわけではなく、どちらかというと発症する人の方が少ないのです。 それでもリスクがある可能性があるので注意喚起は必要なのですが、これから気をつけていこうというお気持ちでいらっしゃるのがいいかと思います。 ご心配であれば、次の妊婦健診の時に主治医に相談してみてください。きっとあれこれ検査をするわけではなく様子を見ましょうという判断になるかと思います。 妊娠中は色々とご不安になるかと思いますが、全てのリスクを排除する事はとても難しいです。何もかも気をつけようと思うととても窮屈な妊娠生活になってしまうと思います。ストレスを溜めすぎずに、いま特に変わったことがないようであれば、穏やかに過ごして頂くのがよいかと思います。 以上ご参考になれば幸いです。 またご不安な事がありましたら、いつでもご相談ください。 元気なお子様にお会いできることをお祈りしております。

7

2023年01月11日 21時59分


参考になりましたか?
ハートを贈り高橋怜奈/産婦人科医YouTuber先生を
サポートしよう!

相談一覧