相談詳細

不快なにおいを感じる症状について

30代 女性

昨年6月ごろから、何もないところでタバコのにおいがいつまでも消えないという症状が断続的におこります。 はじめはタバコのにおいが充満している場所から帰ってきたとき、その日ずっとにおいが鼻の中に残っているような感覚が消えませんでした。 しかしその後はタバコのにおいをかぐことなく突然1日中そのにおいが鼻の奥にあるような、そんな日が月に1度くらいあります。 寝るとリセットされるのか、翌日も続くことはありません。 食事をしている時やなにかの匂いを嗅いでいるときはその匂いを感じることができます。嗅覚が鈍くなっているなどの自覚はありません。 ただにおいが特にない時に呼吸をしているとずっとタバコのような焦げたようなにおいが消えません。 鼻炎もちで鼻の症状が酷くなると耳鼻科で抗アレルギー薬をだしてもらっています。 鼻が通っている時ほどにおいが気になるきがします。 このような場合、耳鼻科に行くべきでしょうか。 精神的なストレスなどを疑うと別の科でしょうか。 また、症状がいつでるかわからないのですが、症状のない時に病院に行ってもよいものでしょうか。

回答済み

耳鼻咽喉科

ご相談頂き有り難うございます。 タバコの匂いが断続的に気になる症状が続いているようですね。 まずは、アレルギー性鼻炎と思われる鼻詰まりの症状があるということですね。 こちらは抗ヒスタミン薬を処方してもらっていて、改善することもあるようですね。 しかし、匂いの症状が気になるということで、原因がわからない状態であるということですが、可能性としましては異臭症の可能性があるかと思います。 異臭症の原因ですが、慢性副鼻腔炎の可能性が高いですが、他にはストレスや加齢も原因となるとされております。 ですので、まずは副鼻腔炎ではないことの確認のために、副鼻腔のCT検査を受けておかれると良いかと思います。 この検査で異常がなければ、ストレスや加齢が原因の可能性がありますので、漢方薬などでの対症療法的な治療となります。 いずれにしても、まずは耳鼻咽喉科を受診してみるのが良いのではと思います。

2022年03月02日 08時18分


参考になりましたか?
ハートを贈り相談医師先生をサポートしよう!

消化器病専門医です。少しでも分かりやすくご相談に回答させて頂きます。報酬はユニセフに寄付予定です。