相談詳細

鬱病の人に対する対応

50代 男性

いつもお世話になっている仕事のパートナーが別会社での人間関係で鬱になりかけていると聞き、食事に誘いました。 私より一回り以上歳上の男性でそこまで親しい間柄でもないなので下手に慰めたりするのではなく結局普通に接するのが良いかなと思っているのですが、何かその方の心を軽くできる方法のアドバイス等いただけませんでしょうか?

回答済み

精神科

ご質問ありがとうございます。 精神科担当のバクと申します。 パートナーから直接「うつになりかけている」と伝えられたのでしょうか?それとも人づてでしょうか? 人づての場合本当のことか分かりませんので、普段通りに接することが一番だと思われます。 ご本人から話してこられた場合は質問者にうつになりそうだと言う状況を知って欲しい状態だと推察されます。 ただ「そこまで親しい間柄でもない」「年上の人」に質問者からアレコレ提案するのもためらわれるでしょうし、何も言わないことが正解だと思います。 お食事の時の様子は普段通りでしたでしょうか? NGワードとしては ・普段通りだった→大したことなさそうですね ・しんどそうだった→病院とか行ってちゃんと治療してますか? などの言葉は相手に伝えない方が良いです。大人であればあるほどしんどくてもある程度は普段のように振る舞う自制心がある方が多いですし、治療も他人に言われてするものでもありません。 対応としては 「何でも話を聞きますよ」というスタンスを表示し、接し方は変えず、何か聞いて欲しいと言われればひたすら聞くことが良いです。 これは「傾聴」と言い、精神科医も診察で必ず行う行為です。 ただ聞くだけでは…提案もした方が…と思われるかもしれませんが、それは医者の仕事だと思います。 ただ、「病院に行った方が良いかな?」と言う質問をされた場合は肯定してあげて欲しいです。60代の方にはまだまだ精神科への偏見が強い方が多く、もしかしたらパートナーは質問者のことをかなり信頼しておられ、質問者が行った方が良いと言えば受診しようか?と考えている場合もあります。 最後にまとめますと、そこまで親しい間柄ではないパートナーに質問者が出来ることは、質問者がしんどくない範囲で(ここが1番大事です)話を聞くこと、となります。 詳細が分からないため回答がズレている所がありましたら、又ご追記頂けますと幸いです。

2021年11月10日 12時07分


参考になりましたか?
ハートを贈りバク@精神科医先生をサポートしよう!

ハードルが高いと言われがちな精神科ではありますが、よろしくお願い致します。(報酬は全額寄付予定です)