相談詳細

生理前の体調不良

30代女性

pms、pmddがあり、数年間ピルを服用していましたが、片頭痛や閃輝暗点が起きたり、高血圧等があり、諸々の事情でピルが中止になりました。
月経困難症もあり、ミレーナに切り替えてもうすぐで半年です。
出血はかなり減り生理の終わりかけが2日程出るくらいにまでなりました。
出血はほぼないに等しいのですが、生理前に胸が痒くなったり、張ったりの不快感、出血はないのに生理痛、風邪を引きやすい等はあります。
ミレーナは、pmsやpmddには効果がないことは存じておりましたが、やはりピルを止めてからは、pmsが強くなり、生理前の身体の不調が目立つ様になりました。鍼治療をして身体を整えたり、運動をしたりしています。
ピルを再開することは出来ないのですが、何か軽減する方法等、打つ手はありますか?
また、仮にミレーナで出血自体がなくなっても、上記のpmsはあるんでしょうか?回答よろしくお願い申し上げます。

回答済み

産婦人科

ご質問ありがとうございます。PMS、PMDDがありピルを服用していたが、閃輝暗点がありピルを中止、ミレーナに切り替え、出血はほぼなくなったけれども生理前の不快感やPMSがあるというご相談ですね。


PMSやPMDDの原因はさまざまな要因が考えられますが、最も大きなものとして排卵に伴うホルモン変動が考えられます。


ピルを服用すると排卵抑制されるため、ホルモン変動が少なくなりPMSなどの症状の軽減が期待できます。


一方ミレーナは排卵抑制はせず、ホルモンの変動は保たれるため、出血がなくなったとしてもPMSやPMDDの症状は残ります。

ただ、出血が周期的に起こっているともうすぐ月経期間だな、とか分かるので、それによる予期不安のある方は、ミレーナをいれて出血がなくなると軽減することもあります。

ただし理論的にはミレーナでPMS、PMDDの改善は見込めません。


現在の症状に対しては、漢方療法や、精神症状に対して向精神薬や抗うつ薬などの服用で改善も望めます。

またホルモン治療ですと、ジエノゲストなどのプロゲスチン(黄体ホルモン)製剤であれば血栓リスクを上げることなく排卵抑制ができるのでPMSなどの改善も期待できます。

プロゲスチン製剤単独で使用するのが一般的ですが、ミレーナ挿入中であれば、プロゲスチン製剤を併用する場合もあります。

かかりつけ医にご相談されるといいと思います。

以上ご参考になれば幸いです。

また何かご不安なことがあればいつでもご相談くださいね。

6

2023年05月21日 17時46分


参考になりましたか?
ハートを贈り高橋怜奈/産婦人科医YouTuber先生を
サポートしよう!

YouTuber、産婦人科専門医、指導医、がん治療認定医、性教育認定講師です。生理、更年期、癌、セックス、婦人科形成手術、なんでもご相談ください。
【質問時】婦人科検診歴(子宮頸癌検診、エコー、性感染症などの時期と結果)、現在の使用薬の種類、量をご記載下さい。

YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCVR9XnYBIQ4OlGmFPUNGGVQ

相談一覧