相談詳細

夫が突発性難聴になりました

40代 男性

4週間前に夫が突発性難聴を発症しました。48時間以内に受診させないと完治率が下がると聞いていたので、日曜も開いている診療所へ受診させました(推定発症から30時間後) 投薬治療が上手くいかず、入院加療をしましたが、回復せず左耳の聴力を完全に失いました。 本人に医者の治療方針など聞いても不機嫌になるため、病状など聞きだしにくいのですが、精神的含めて家族としてはどのようにケアして気をつけるべき点はあるのでしょうか? 気休めでも良い食材、禁忌の食材もあればご教授願います。

回答済み

耳鼻咽喉科

ご質問ありがとうございます。耳鼻咽喉科専門医・指導医の音良林太郎と申します。ご主人が突発性難聴を発症し、今のところ良くなっていないということで、大変困っていらっしゃることと思います。突発性難聴は耳鼻咽喉科でよく診療する疾患です。私自身、聴覚を専門にしていますので、質問に回答させていただきます。 まず、発症後30時間で受診できた点は良かったと思います。既存の論文を参照しますと、1週間以内であればステロイド治療による効果があったとするものが多く、必ずしも早ければ早いほどよい、というものでもないようです。ですので、治療を開始したタイミングについては問題無かったと思われます。 突発性難聴は、実は治りにくい疾患です。全体の3分の1が治る、3分の1はある程度治る、残りの3分の1は治らない、といわれています。難聴の程度が強いほど治りにくいようです。また、発症から1ヶ月程度で改善してこない場合、その後も治らないことが多いです。ご主人の場合、4週間程度経過し、全く聞こえないということですので、残念ながら治りやすいタイプでは無いと考えられます。今後も難聴が残存してしまう可能性を考えなくてはいけないでしょう。 治りにくい突発性難聴は、ちゃんとした説明をうけ、ちゃんとできる治療を行ったという自覚も大事になります。もし現在の主治医と相性が合わないと感じるようであれば、他の病院を受診して医師の意見を聞いてみるのも一つの方法です。ただし、他の病院に行ったら何か治療法があるかというと、それは残念ながら難しいかもしれません。自費診療を含めた治療法をむやみに探しもとめるのは得策ではないと思います。 片方の耳が聞こえない場合、以下の点を気をつけてほしいと思います。まず、音の方向感覚が弱くなってしまいますので、どこから音がしているかよくわからなくなってしまいます。声をかけるときや、緊急車両がどちらから来ているかなどわかりにくいので、気をつけてください。また、雑音があると聞き取りが悪くなります。例えば飲み屋やガヤガヤした環境では、他の人と会話が成り立たなくなることもあります。なるべく静かなところで会話をするように気をつけましょう。もちろん左側から話しかけると聞こえづらいですから、奥様はご主人の右側になるべく位置取るようにした方がよいでしょう。 食材についてはこれが明確に良い・悪いといったものは現在のところわかっていません。生活習慣病にも良いといわれている魚・豆類・野菜・バナナ・ブロッコリー・全粒粉などは積極的に摂取してよいかとおもいます。食材にこだわるというよりは、不摂生を避け、飲酒・喫煙はなるべく控え、規則正しい生活を心がけていただくといった方が大切でしょう。 以上、回答させていただきます。私の回答がお役に立つようであれば光栄です。

ご回答ありがとうございます。やはり厳しい状況なのはわかりました。
本人は鍼灸治療も考えているようですが、保険の範囲なら見守ろうと思います。飲酒喫煙以外には禁忌は無さそうですのでそこは安心しました。

2022年06月02日 08時30分


参考になりましたか?
ハートを贈り音良林太郎@耳鼻咽喉科 MD, PhD先生をサポートしよう!

耳鼻咽喉科専門医•指導医の音良林太郎@耳鼻咽喉科です。みみ、はな、のどの病気や、首の腫瘍など、気になることはなんでもご相談下さい。専門は耳科、聴覚ですが、めまい、鼻、頭頸部腫瘍、甲状腺なども扱います。