相談詳細

聴力検査について

50代 女性

※添付画像は投稿者ご本人と医師のみ参照可能です

こんばんは。 会社の健康診断で聴力検査をしたのですが、右耳と左耳の数値に少し差がありました。 この、聴力検査の数字は大きい方がいいのですか? それとも小さい方が? 検査の結果はBなので、それほど気にする事はないのかもしれませんが、左耳はたまに詰まる感じがあります。 いつのまにか良くなっているので、しばらく病院へは行っていません。この結果の見方がよくわかりません。

回答済み

耳鼻咽喉科

はじめまして、耳鼻咽喉科専門医・指導医の音良林太郎と申します。聞こえに関しては専門家ですので、回答させていただきます。 結論から申し上げますと、できれば一度耳鼻咽喉科での診察と聴力検査が望ましいでしょう。 まず、聴力検査の結果ですが、最上段のHzは音の高さを表し、数字が大きいほど高い音になります。そして2,3段目のdBという単位の数字は音の大きさを表しています。数字が大きいほど、大きい音でないと聞こえない=聞こえが悪い、ということです。この表の数字からは、右耳の低い音〜中くらいの音が聞こえにくい、ということが読み取れます。また、右端の聴力レベルは平均聴力をあらわしており、ここが25以上ですと軽度難聴と区分します。 総合すると、右耳の低い音を中心に軽度難聴であり、左はより正常に近いながら全体的な軽度難聴である、という読み方ができる結果です。 一般的に低い音が聞こえにくくなる病気として、耳管狭窄症、滲出性中耳炎もしくは低音障害型感音難聴などが挙げられます。これらの診断は今回行われた聴力検査だけでは難しく、耳の中の診察や追加の検査によって診断していくことになります。 あまり困っていることは無いと言うことですので受診については迷われることと思いますが、一度診断をはっきりさせておいた方がよろしいかと思います。症状は以前からあると言うことですので大慌てで行く必要はないでしょう。 土日に診療をおこなっているクリニックもありますので、ぜひ一度受診を前向きにご検討下さい。

丁寧なご返信、ありがとうございます。
検査の数値からそのように読み取れるとのことですので、耳鼻科受診を
考えたいとおもいます。
人の言葉の一部分が聞き取りにくい時もありますので。

2022年06月24日 08時43分


参考になりましたか?
ハートを贈り音良林太郎@耳鼻咽喉科 MD, PhD先生をサポートしよう!

耳鼻咽喉科専門医•指導医の音良林太郎@耳鼻咽喉科です。みみ、はな、のどの病気や、首の腫瘍など、気になることはなんでもご相談下さい。専門は耳科、聴覚ですが、めまい、鼻、頭頸部腫瘍、甲状腺なども扱います。