相談詳細

乳幼児のコロナワクチン

10歳未満女性

いつも参考になる情報提供ありがとうございます。現在10ヶ月の娘がいて、コロナワクチン1回目接種済みです。 2回目は3週間0日で接種予定ですが、2回目と3回目の間に1歳を迎え、誕生日に打てる予防接種は生ワクチン含め全て打ちたいと思っています。 その予定で行くと、3回目接種のタイミングとして、コロナワクチン2回目接種から8週間0日では定期接種から3週間5日後になります。 小児科学会のホームページでは、最低2週間、生ワクチンは可能であれば4週間空けるのとの事で、 生ワクチン接種から4週間は空いていませんが、2週間は空いているし、4週間まで1日2日の事くらい…と考えてコロナワクチン2回目接種後から3回目を8週間0日で打つのがいいのか、 生ワクチン接種後からきっちり4週間あけて、コロナワクチン2回目接種後から9週間0日後に打つのがいいのか(ワクチン接種日が曜日固定なので、生ワクチン接種後から4週間0日ピッタリでは打てない)悩んでいます。 生ワクチンの事も考慮して1回目を打つべきでしたが、2週間空けたらいいと思いこのような状況になってしまいました。 ご多忙の中大変恐縮ですがご教授頂ければ幸いです。

こんばんは。 ご相談いただきありがとうございます。 コロナワクチン接種の途中で1歳の誕生日を迎えた場合に、生ワクチンとコロナワクチンの接種間隔をどう判断していくかというご相談ですね。 乳幼児の定期接種スケジュールや各ワクチンの接種間隔については、医療者でもかなりわかりにくいものですが、よく把握されていて素晴らしいと思いました。 こちらの内容については、医師によっても少し判断が異なるかもしれませんが、現在の推奨と私自身の考えについて記載させていただきます。 ご指摘いただいている通り、小児科学会のホームページ上に「6 か月~4 歳の小児に対する新型コロナワクチンを含めた予防接種スケジュールについて」という小児科学会としての一つの方針が提示されています。 その中では、新型コロナワクチンは生ワクチンではないが、生ワクチンの性質や副反応を考慮して可能であれば4週間あけることが望ましいとされています。 ただ、厚生労働省などの指針としては4週間間隔をあけることについての言及はなく、2週間の間隔をあけることが記載されているのみです。 この2つの方針をどう捉えるかですが、正直にいって現状では適切な答えというものは何ともいえません。小児科学会の指針についてもわからないではないですが、根拠としている論文の提示などはなく、ある意味でどこまでこの指針に則るべきかというのは私も悩んでいる部分があります。 特に、現状ではワクチン接種が3月までとされており(実際にどうなるかわかりませんが)、そもそものワクチン接種スケジュールなどから生ワクチンから4週間の間隔をあけることで3回の接種ができなくなってしまう方も多々いらっしゃると思います。(体調不良などで接種が延期になることも多いですし・・・) そのため、私としては時期やタイミング的に4週間の期間をあけて問題がないお子さんであれば、一応4週間の間隔をあけ、それ以外のお子さんは2週間以上の間隔があけられていれば問題ないでしょうと伝えています。 ご相談者様のお子さんの場合はほぼ4週間の間隔があけられているため、個人的にはあまり気になりませんが、必要に応じて接種する医師の意見も確認していただいても良いかと思います。 上記となります。 ご参考になりましたら幸いです。

3

2022年12月08日 23時25分


参考になりましたか?
ハートを贈りどっと@小児科医先生を
サポートしよう!

小児科専門医です。専門はアレルギーですが、小児に関することは幅広く診療しています。何かしらお力になれれば幸いです。

相談一覧