相談詳細

ステロイドの塗り方

10歳未満女性

平素よりお世話になっております。 11ヶ月の娘ですが、4ヶ月頃よりアトピー性皮膚炎でプロアクティブ療法をしております。 ロコイド+ヒルドイドの1日2回全身塗布を最初は毎日、頻度漸減して現在は5日に1回です。 ステロイドフリーの日はヒルドイド+プロペトを塗布しています。 塗り方に関してですが、1FTUというのは先生方もご発信されているので、私も心掛けているのですが、ふと思ったのですが、ステロイドはヒルドイドと合剤で処方されているので濃度としては半分になっていると思います。という事は2倍塗らないといけないのでしょうか? また、私も気をつけているとはいいつつも、保湿の際に暴れられたりするので、どうしても同じ所を何度か塗ったり、(塗り残しはないようにしているので、私はどちらかというとオーバー気味に塗っていると思います)と言うことがあるのですが、副作用等はそこまで気にすることはないでしょうか? 来月1歳を迎え、生ワクチンの予防接種も予定しているので影響等ないか気になってきました。 ご多忙の中大変恐縮ですが、ご教授頂けると幸いです。

回答済み

小児科,皮膚科

こんにちは。ご相談いただき、ありがとうございます。 ステロイド外用薬の使い方に関するご相談ですね。 ステロイド外用薬とヒルドイドなどの保湿剤を混ぜて使用することは、小児科でも皮膚科でもよく行われています。混ぜることで炎症を抑える効果と保湿効果の両方をねらえること、量がある意味かさ増しされるため、たっぷりと塗りやすくなることなどが期待できます。 混ぜるとステロイドが半分に薄まってしまうと思われる方もいますが、実際にはほとんどの場合で薄まることはありません。もともとステロイド外用薬はほとんどが基剤(保湿成分)でできており、有効成分の濃度は非常に薄く、溶けきれていないくらいの残りも結晶で残っているため、保湿剤で半分に薄めたとしてもほとんど影響はありません。 また、外用薬は擦り込んで効果が出ているわけではないので、同じところに何度か塗ってしまっても追加で吸収されるわけではなく、そこまで気にする必要はないと思います。概ね1FTUの量やそれに準じた目安(テカテカでティッシュがくっ付く程度など)の量が塗られていれば、効果・副作用は一定の範囲に収まるものだと思います。 ご質問へのお答えとしては上記となります。 なお、混合薬のデメリットとして劣化しやすいということがあります。手で直接取っていると菌が繁殖しやすく、混合してからの期間が数ヶ月と長くなってくると分離もしやすくなります。少し分離していても大きな問題はないかもしれませんが、取るときにさじのようなものを使うこともご検討いただければと思います(すでにやられているかもしれませんが)。 ご参考になりましたら幸いです。

2

2022年12月10日 16時14分


参考になりましたか?
ハートを贈りどっと@小児科医先生を
サポートしよう!

小児科専門医です。専門はアレルギーですが、小児に関することは幅広く診療しています。何かしらお力になれれば幸いです。

相談一覧