相談詳細

指名:たぬきち 先生

HPVワクチンについて

20代女性

たぬきち先生 先生のTwitter発信で娘に1日も早く頸がんワクチンを打たせたいと思っています 来年20歳になる娘は1回も接種しておりません 来年4月から9価ワクチンが打てると聞き就職も控え学校が忙しくなるので年明けにも4価ワクチンを打つつもりです 残り2回の接種を9価で打つ事も可能なようですが種類が違うものを打っても大丈夫なのでしょうか ただ素人考えですが残り2回だけでも9価を接種した方がより多くのウイルスに効果があるような気がします それとも4月までまってから9価を3回打った方がいいですか 先生はどのような判断をされますか

回答済み

産婦人科

ご相談ありがとうございます。 国際的には、ワクチン確保のスピードは国によって異なるので "各国で決めたタイミングで適切に接種しましょう" という判断になります。 日本ではほとんどの女性がHPVワクチンを接種していないという世界的に見ても異例な状況なので、産科婦人科学会からはこのような声明が出ています。 https://www.jsog.or.jp/modules/news_m/index.php?content_id=1314 つまり "4価と9価のHPVワクチン接種は、途中で変更されても構いません。とにかく早めに1回目を接種しましょう" という事になります。 理由としては、20歳の女性の性行動を親や本人が完璧にコントロールするのは現実的ではないので、まずは感染予防のために早めに4価を無料で接種するのが良いかとは思います。 ただ、経済的に余力があるのであれば、可及的速やかに有料での9価HPVワクチン接種が最も合理的ではあります。 娘さんのためにも、ぜひご検討ください。

3

2022年12月30日 00時53分
編集済み


参考になりましたか?
ハートを贈りたぬきち先生を
サポートしよう!

産婦人科医として10年間以上の勤務歴があります。
これまでの勤務先では生理・避妊などの女性特有のお悩みや性感染症などのご相談や治療を行ってきましたが、特に子宮頸がん治療にも専従していました。
現在は子宮頸がん検診やオンラインでの低用量ピルなどの処方、HPVワクチンの説明を行っています。
「自分が女性だったらどんな医療相談が望ましいか」
を常に意識していますので、ご遠慮なくご相談ください。

相談一覧