相談詳細

指名:おとらりんたろう, MD, PhD 先生

耳瘻孔と思われる箇所の状態について

10歳未満女性

カメラ

※添付画像は投稿者ご本人と医師のみ参照可能です

6歳の娘におそらく耳瘻孔があるのですが、最近かさぶたの状態がじゅくじゅく…まではいきませんが生乾きっぽいなと思っています。
特に痛みの訴えなどはありません。
両耳ともにそうなのですが、何か対応したほうがいいものなのでしょうか。

回答済み

耳鼻咽喉科

ご質問いただきありがとうございます。写真もありがとうございます。拝見いたしました。もし写真でかさぶたがついている位置に穴があるタイプの先天性耳瘻孔だとすると、相当珍しい部位になります。一度耳鼻咽喉科の受診をご検討いただければと思います。


先天性耳瘻孔は、胎生期に耳介(耳たぶ)が形成される途中で、本来吸収されてなくなる皮膚のくぼみがなくならず、残ってしまう疾患のことを指します。人口の数%に生じるとされ、先天性異常の中では非常に頻度の高い疾患です。実は穴の先は皮膚の細胞が管状に入り組んだ構造になっており、根っこは意外と深い部分や耳たぶの軟骨につながっていることもあります。多くの場合は特に何もおこらず、治療の対象になりませんが、管の中に感染が起こってしまった場合は急性期の治療を行なった上で手術の対象となることがあります。感染を起こした場合、根っこの深い部分=皮膚の下に膿がたまるように腫れるのが特徴です。

先天性耳瘻孔はある程度「できやすい部位」が決まっており、耳たぶの前方「耳前部」にできることがほとんどで、次いで「対耳輪下脚」が多いことが知られています(耳瘻孔の部位については日本医科大学のHPがすごくわかりやすかったので共有します)。この部位が決まっているのは、耳たぶが胎生期にどの様なプロセスを経て形作られるかということに関連していると思われますが、まだ詳しくはわかっていません。


相談者様の場合、写真でかさぶたがついている部位は専門用語で「耳甲介艇」と呼ばれる部位になりますが、これまでの論文をいくつか読んだ限り、この部位に耳瘻孔ができたという報告は見当たりませんでした。

このことから、2通りの可能性があると思います。

1. すごく珍しい部位の耳瘻孔である可能性。写真を見る限り、私には耳瘻孔に特徴的な穴のような構造が見えませんでした。しかし、たしかに耳瘻孔が感染を起こしている可能性は否定できません。ただし、前述の通り、耳瘻孔の感染では通常皮膚の下に膿が溜まったように腫れることが多いです。さらに、細菌感染ですので殆どの場合強い痛みを伴い、熱が出ることも多いです。感染の形式としてもとても非典型的であるように思われます。

2.もう一つの可能性は、耳瘻孔ではなく、皮膚炎を起こしている可能性があるように思います。耳甲介は部位的に指で触りやすい部分なので、くり返し触るうちに皮膚炎を起こし、かさぶたができている可能性があります。もし、普段からこの部位を指先で引っ掻いたりする様子がある場合、皮膚炎の可能性が高まります。

上記2つを見極めるために、一度耳鼻咽喉科の受診を推奨いたします。ご自宅で様子を見る場合は、お子様が自分で引っ掻いたりしないか観察し、できればワセリンなどで保護をしていただければと思います。


以上回答させていただきます。この回答がお役に立てば光栄です。またわからない事があればいつでもご相談下さい。

回答ありがとうございました。HPも拝見しました。私自身、耳の後ろに耳瘻孔があるため、そういう体質が遺伝したのかと思っていました。確認のため、明日にでも耳鼻咽喉科に行ってみます。

2

2023年04月28日 16時57分


参考になりましたか?
ハートを贈りおとらりんたろう, MD, PhD先生を
サポートしよう!

耳鼻咽喉科専門医•指導医の音良林太郎@耳鼻咽喉科です。みみ、はな、のどの病気や、首の腫瘍など、気になることはなんでもご相談下さい。専門は耳科、聴覚ですが、めまい、鼻、頭頸部腫瘍、甲状腺なども扱います。
なるべく丁寧に、かつ医学的な根拠とともに解説することをモットーとしています。どうぞお気軽にご相談ください!

相談一覧