adsads

相談詳細

指名:こどアレ@小児科&アレルギー 先生

麻疹の抗体価について

30代女性

麻疹が東京で発生していることについて懸念しております。

現在妊娠29週なのですが、妊娠初期に行った麻疹の抗体検査で、マシンIGGと書かれた項目の数値が15.9でした。

これはEIA法の検査結果だと思うのですが、ネットで調べるとこの数値だとあともう1回の予防接種が必要な数値だと出てきてとても不安になっています。

検査結果を渡された産婦人科では特にこの数値については触れられておらず、麻疹の発生を受けて自分で改めて検査結果を見直して初めて気がつきました。

MRワクチンは2019年に一度追加接種を受けていたのですが…抗体があまりできていなかったのでしょうか。

今すぐの予防接種は不要とされる16に近い値なのでさほど心配しなくて良いのか、十分注意して行動したほうがいい値なのかが分かりません。

2歳10ヶ月になる子供もおり、1回目の定期接種はすませていますが、保育園に通っていることもあり感染が不安です。

検査の数値についての考え方を教えていただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

ご指名でのご相談ありがとうございます。麻疹の抗体価について、「妊娠初期に行った麻疹IgGが15.9だった、ネットで調べるともう1回の予防接種が必要な数値だと出てきて不安、2019年にMRワクチンを追加接種している、この結果はさほど心配しなくて良いのか?注意した方が良いのか?2歳の子どもも居て心配」というご質問でした。

おそらくEIA法の麻疹IgGかと思われますが、確かに主に医療従事者における追加接種の目安は「IgG<16.0」となっております。そもそもEIA法での16.0という基準については、殆どの方(98%以上の方)が麻疹の感染はするが発症は予防されるための基準がおおよそ4以上のようで、感染を予防するための基準としてはおおよそ16以上のようです。もちろん、ウイルスの曝露具合や個人差もあり、16未満でも感染しない方も、16以上でも感染する方も居るようです。つまり、15.9という値はおおよそ感染も防げるであろう値ということになろうかと思います。

また、2歳のお子さんについてですが、国立感染症研究所の感染症情報センターの「麻疹Q&A」には、「通常、1回の接種で95%以上の人が免疫を獲得」すると書かれており、1回接種での効果は非常に高いと考えられます。

その上で、心配しなくて良いのかどうかですが、お母さん自身およびお子さんの免疫としては大丈夫そうですので、それほど心配はされなくて良いかと思います。ただ、やはり、お近くの地域や園などで流行がみられた場合はご注意頂くと良いかと思います。受診されている産科の先生、かかりつけの小児科の先生ともよくご相談ください。

8

2023年05月15日 20時29分


参考になりましたか?
ハートを贈りこどアレ@小児科&アレルギー先生を
サポートしよう!

「小児科専門医」&「アレルギー専門医」です。お子さんの病気、お子さん関連全般、アレルギー関連、などで、何か疑問や不安がありましたらご質問ください。

*小児科の回答医師は複数いらっしゃぃす。僕はご指名でのご質問を中心にお答えしておりますのでご了承ください。

相談一覧

クラウドファンディングcloud funding banner