相談詳細

指名:高橋怜奈/産婦人科医YouTuber 先生

チョコレート嚢胞の腹痛、腰痛について

10代女性

昨年10月に子宮内膜症、チョコレート嚢胞と診断され、11月からジエノゲストを服用しています。現在19歳です。

治療を始めてから半年ほど経ち、両側に4.8cmあった嚢胞は、右3.5cm 左2.8cmほどまで小さくなりましたが、腹痛と腰痛が酷く、悩んでいます。
日によって痛みの強さに差はあるのですが、特に腰は、座っていても横になっていても痛いのでしんどいです。お腹(主に右卵巣あたり)は、ギューッと掴まれているような痛みや、ズキズキするような痛みがあります。痛み止め(ロキソプロフェン)を処方されていて、あまりにも痛いときには服用しています。

担当の先生には、私の場合、癒着が酷いのでそこから来る痛みだろう と言われています。MRIの結果では、子宮、腸に癒着の疑いがあるとのことでした。
そこで質問なのですが、もしこの腹痛や腰痛の原因が癒着だとすれば、手術をすること以外に痛みを完全に無くす方法はないのでしょうか?手術をせずに癒着が自然に剥がれることはありますか?また、癒着以外に痛みの原因と考えられることはありますでしょうか?嚢胞自体のサイズは小さくなっていますし、良くなっているはずなのに、なかなか痛みが無くならず心配です。

ちなみに、現時点では手術は考えておらず、妊娠を考える年齢になるまではジエノゲストで治療をすることになっています。

長々とまとまりのない文章になってしまいすみません(;_;) ご回答頂けますと幸いです。

回答済み

産婦人科

ご質問ありがとうございます。

卵巣チョコレート嚢胞があり、ジエノゲスト服用中、嚢胞は小さくなったけれども痛みが続いているというご相談ですね。


現在内服されているのは、ジエノゲストは1mgでしょうか?

内膜症があるとのことで、おそらく1mgだと思うのですが、もし0.5mgだったら、増量を主治医に相談してみても良いかと思います。


癒着による痛みなのか?

→痛みの性状を詳しく聞いたり、診察しないと分かりませんが、癒着によるものの痛みの可能性もありますし、子宮内膜症の腹膜病変(腹膜に子宮内膜症があって、それにより痛みがでている)による痛みの可能性もありますし、両方の可能性もあります。


癒着は治療をしたら剥がれるのか?

→癒着は治療でチョコレート嚢胞が小さくなっても剥がれることはないので、手術で癒着剥離をする以外には方法はありません。


他に治療はあるか?

→・いま服用しているのがジエノゲスト0.5mgなのであれば1mgへ増量する。

・一時的にレルミナという女性ホルモンを低下させる薬を内服する。

などの方法が挙げられます。

レルミナは半年間までしか使えませんが、例えば3か月間のみ使用して、またジエノゲストに戻す、などの使い方ができます。

レルミナの使用により女性ホルモンが抑制され、内膜症の改善とそれによる痛みも改善する可能性があります。

ではなぜそれを最初から使わなかったかというと、レルミナがまだ先発品しかないため値段が高いこと、さらに女性ホルモンを低下させるので人によって更年期症状がでてくるからという理由が多いです。

そのため、まずはジエノゲストを使ってみて、必要があれば初めてレルミナを使うということも多いです。

最初にレルミナを使って一気に痛みやチョコレート嚢胞の改善をはかり、そのあとにジエノゲストを使う、などの方法もありますが、その方それぞれに合わせて使い分けていきます。


またレルミナを使っても痛みが治らないようであれば、手術を検討します。

癒着剥離など、骨盤内の環境を整えることで痛みが改善する可能性がありますが、子宮内膜症の場合は手術による癒着や卵巣機能低下なども予測されるため、手術は最終手段にとっておきたいです。


以上ご参考になれば幸いです。

症状や診察所見、画像などから総合的に治療方針を決めると思うので、ぜひ担当医とよくご相談してくださいね。


1日でも早く痛みが楽になるようにお祈りしております。

また何かご不安なことがありましたらいつでもご相談くださいね。

3

2023年05月30日 01時09分


参考になりましたか?
ハートを贈り高橋怜奈/産婦人科医YouTuber先生を
サポートしよう!

YouTuber、産婦人科専門医、指導医、がん治療認定医、性教育認定講師です。生理、更年期、癌、セックス、婦人科形成手術、なんでもご相談ください。
【質問時】婦人科検診歴(子宮頸癌検診、エコー、性感染症などの時期と結果)、現在の使用薬の種類、量をご記載下さい。

YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCVR9XnYBIQ4OlGmFPUNGGVQ

相談一覧