adsads

相談詳細

子どもの水分補給について、ゼリーでも良いか

10歳未満女性

0歳の娘の水分補給について悩んでおります。

1歳になるまでは基本的には母乳やミルクで水分補給するべきなのだと思うのですが、
離乳食をしっかり食べてお腹が空かないのか、なかなか昼間は母乳を飲んでくれません。
最近は暑く、よく動くようになってきたのでじわっと汗をかいているなと思い
母乳を飲まないならと麦茶などを与えるのですが哺乳瓶だとあまり飲まず、スパウトマグやコップだと半分は零してるね!?という状況で
何が1番効率の良い水分補給なのか悩んでいます。

そこで調べたところ、とろみをつけて飲みやすくする、ゼリーや寒天にして飲むというか食べてもらうなどの方法を見ました。

そこで疑問なのですが、とろみを付けたりゼリーや寒天にしたものでも水分補給になるのでしょうか?
例えば100cc分のゼリーを食べたら概ね100ccの水分が取れたと考えていいのでしょうか?
もちろん与えるのであれば無糖の麦茶をそのままとろみ付やゼリーにするつもりです。
今のところ脱水のような症状はありませんがまだまだこれから暑くなりますので、それまでに水分補給の方法をご教授いただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。ご相談いただき、ありがとうございます。

乳児の脱水予防のために水分を摂取していきたいが、なかなか母乳を日中は飲んでくれず、他の飲み物もうまく飲めない場合に、ゼリーや寒天にしたものを与えても良いかというご相談ですね。

脱水に注意しなければということはわかっていても、なかなか本人が飲んでくれないとどうしたら良いかとても困りますよね。どう対応するべきかわからず悩まれることもよくわかります。


まず、夏に入ってきて乳児の脱水予防にとって大切なことは、体調のコントロールと暑さそのものをうまく避けていくことです。

それほど暑くない状況であれば、水分摂取が少し不足していただけですぐに脱水になることはあまりありません。乳児の脱水・熱中症を予防するには大人側での環境整備の方がより大切です。


体調のコントロールとしては

・過ごしやすい環境でしっかり睡眠を取ること(お昼寝も)

・離乳食や母乳の摂取量が減らないように注意すること

・体調が悪いときには、なるべく暑熱環境に行かないこと

などが大切です。


また、暑さをうまく避けていくためには

・帽子を含めて暑くならない服装

・保冷剤の使用

・ベビーカーの日除け活用

・クーラーが付いていても車に放置しない

などが大切です。


ただ、湿度も含めて、外で生活するには暑すぎる日も少なくないのが事実ですので、あまり暑い日にはなるべく暑い時間帯には外に出ないようにすることも大切です。外出しても15分おきなどこまめに様子をみていただくことをおすすめします。遊び場としても、冷房がきいている場所や暑くなりにくい場所を探しておきましょう。

もちろん少し涼しい時間帯には外出して、少しずつ暑さに体を慣らしておくことも大切ではあります。


そして、本題のゼリーや寒天にしても脱水予防になるのかということですが、水分摂取としては問題なく活用はできます。ただ、窒息・誤嚥などに注意が必要です。あまりツルツルになりすぎていたり、かみにくいようなもの、こんにゃくゼリーのように弾力が強いものなどは乳児に与えることはおすすめできません。やはり母乳の方が望ましいというのは事実です。

少しとろみがある程度が許容内だと感じますが、実際にとろみがあっても飲んでくれるかはわからず、とろみを毎回付けること自体も大変です。

少しずつスパウトマグやコップに慣らしていく方が無難なのかなとも思います…。


上記のため、基本的には少しずつでも水分摂取としては母乳を優先していただき、難しいようなら暑さを避けつつ、少しずつ他の水分摂取方法の練習をしていただくことをおすすめします。

なお、お子さんに気を使いすぎてご家族が熱中症になってしまうことも多々ありますので、ご家族もしっかり水分摂取をして対策していただければと思います。


ご参考になりましたら幸いです。

なお、熱中症に関しては無料アプリの「教えて!ドクター」という佐久医師会の先生方が作成されたアプリの情報がわかりやすいので、よろしければご参考ください。

1

2023年07月05日 14時31分


参考になりましたか?
ハートを贈りどっと@小児科医先生を
サポートしよう!

小児科専門医です。専門はアレルギーですが、小児に関することは幅広く診療しています。何かしらお力になれれば幸いです。

相談一覧