adsads

相談詳細

指名:高橋怜奈/産婦人科医YouTuber 先生

子宮内膜症左卵巣嚢腫

20代女性

ピルを飲み始めて半年ほど経ち、今までとは比べ物にならないくらい生理が楽になりました。
しかし、卵巣嚢腫の大きさは以前と変わっておらず6センチほどあります。
生理痛がかなり軽減されたため、卵巣嚢腫の大きさも小さくなっているものと思っていたんですが、そこは関係がないのでしょうか。

以前ディナゲストを1年ほど服用し、少し小さくなったものの、副作用に耐えれずピルに変更しました。
将来妊娠希望のため、今のうちできるだけ卵巣嚢腫を小さくしたいという思いがありますが、このまま大きくならないように現状維持でピルを飲み続けるか手術しかないのでしょうか。

次の受診までに期間があり気になりましたので投稿させていただきました。
よろしくお願いいたします。

回答済み

産婦人科

ご質問ありがとうございます。


6cmの左卵巣チョコレート嚢胞があり、ピルを服用しているが大きさが変わらない、以前ジエノゲストは副作用でやめてしまった、というご相談ですね。


現在、ピルは何を服用されているのでしょうか。もし周期投与(1ヶ月に1回出血を起こすもの)のものであれば、連続投与のピルに変更することをお勧めします。

子宮内膜症は月経を繰り返すことで悪化してしまうので、ピルを服用していることは悪化の予防にはいいのですが、連続投与の方がよりいいと考えます。


と書いたところでヤーズフレックスを内服しているという情報を目にしました。すみません汗。


ちなみにヤーズフレックスは出血は全くないですか?たまに不正出血が多くてなんだかんだ月1で休薬している方がいますが、それであればピルの変更をお勧めします。

全く出血がないのであれば問題ありません。


そして、以前服用されていたジエノゲストは1mgでしょうか、0.5mgでしょうか。


1mgで副作用が強かったのであれば0.5mgを試してみてもいいでしょう。

0.5mgは月経困難症の治療薬ですので、内膜症の治療効果という意味では1mgのほうが適していますが、休薬せずに出血を止められるという点では、副作用がなければピルよりも適しているでしょう。

連続投与のピルでも年に数回は出血を起こすことになるので。(公にでかでかと言えませんが、ジエノゲスト0.5が難しいようであれば、連続投与のピルを休薬を設けずに服用することもできます、その方が内膜症があるならいいでしょう。つまりヤーズフレックスを120日で切らずにずっと内服です。)


さて、そのようにあらゆる保存療法を試した上で、それでも小さくならない場合には6cmあるのであれば手術を検討してもよいでしょう。


将来妊娠を考えているとのことですが、妊娠中に6cmのチョコレート嚢胞があると、破裂してしまう可能性もあります。そうすると腹膜炎になってお腹が痛くなり、妊娠による痛みなのか腹膜炎による痛みなのか判断がつかず、検査をするにしても治療をするにしても難渋します。


妊娠前にあるゆる手を使っても小さくならなかった内膜症は、妊娠中も小さくならないのです。


また、妊娠に至る前の過程でも、チョコレート嚢胞があること自体が卵巣機能を下げてしまうともされています。


妊活希望でなくても6cmというのは、手術をするかの瀬戸際の大きさです。

今後休薬しない方法でみるみる小さくなるならいいですが、しばらくみても小さくならないようであれば、チョコレート嚢胞があることによる卵巣機能低下が、手術をすることによる卵巣機能低下よりも上回る可能性があると判断することもあります。


また、今後妊娠を希望した際にはピルなどのホルモン治療をやめる事になりますが、今後内膜症が小さくなったとしても、月経が戻ってくるとみるみるまた大きくなってしまいます。


できるだけ自分で自然に頑張ろうとせずに、早めに不妊治療のクリニックなどで検査や治療をすすめることをご提案します。


画像所見や、ご本人様のライフスタイル、症状など、すべてを総合して治療方針を決めていくので、ぜひ医師と相談してくださいね。


話はそれますが、詳しい年齢がわからないですが26歳以下であればHPVワクチンのキャッチアップ世代で無料で接種できますので、接種をお勧めします。


以上ご参考になれば幸いです。

また何かありましたらいつでもご相談くださいね。

3

2023年07月07日 09時56分


参考になりましたか?
ハートを贈り高橋怜奈/産婦人科医YouTuber先生を
サポートしよう!

YouTuber、産婦人科専門医、指導医、がん治療認定医、性教育認定講師です。生理、更年期、癌、セックス、婦人科形成手術、なんでもご相談ください。
【質問時】婦人科検診歴(子宮頸癌検診、エコー、性感染症などの時期と結果)、現在の使用薬の種類、量をご記載下さい。

YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCVR9XnYBIQ4OlGmFPUNGGVQ

相談一覧