相談詳細

飛蚊症について

30代 男性

30代の夫についての相談です。 20代のころからほぼ毎日コンタクトレンズを使用しており、本人いわく飛蚊症があるようです(過去2w、現在はワンデーのコンタクトレンズを使用) コンタクトレンズの処方の際にドクターに相談したところ、飛蚊症は治らないと言われました。 飛蚊症とは目の状態がどうなると起こるものですか。 治療はなく、一生お付き合いすることになるものなのでしょうか。 わかりやすく目に異常がなくても起こりますか。 ネットには色々と怖いことが書いてあったりしますが、心配しなくてもいい飛蚊症もあるものでしょうか。 たくさん書いてしまい申し訳ありません。 別の眼科の受診をすすめるかで悩んでいます。 ご回答いただけましたら幸いです。 よろしくお願いいたします。

回答済み

眼科

ご相談頂き有り難うございます。 飛蚊症ですが、原因としては眼球の硝子体という部分の変化が原因とされております。 硝子体は生活している中で、自然に変性することがあります。 その成分が光を遮ることで、網膜に影を生じて飛蚊症の原因となります。 それでは、この飛蚊症の原因は何か、ということですが、たとえば生理的に生じる特に治療は不要なものもございます。 また、生まれつきのもの、つまり胎児の段階で硝子体の発生に異常があった場合には飛蚊症が生理的にあることになるます。この場合には、特に視力などに影響しませんので、治療は不要です。 心配なのは、網膜剥離という病気ですね。 飛蚊症と同じような症状を起こしますが、こちらは失明する可能性がありますので要注意です。 網膜剥離は外傷以外にも加齢で生じることもあります。 ご自身で、飛蚊症か網膜剥離かは判断できませんので、眼科で診察を受ける必要性があります。 幸い、既に眼科で診察を受けておられるようですので、網膜剥離の心配は少ないと思います。 ですので、飛蚊症に関しては生理的なもので、失明に至る可能性は低いと考えて良いかと思います。 ご参考になりましたでしょうか。どうぞお大事になさってください。

ありがとうございます!

2022年02月11日 17時40分


参考になりましたか?
ハートを贈り相談医師先生をサポートしよう!

消化器病専門医です。少しでも分かりやすくご相談に回答させて頂きます。報酬はユニセフに寄付予定です。