adsads

相談詳細

指名:高橋怜奈/産婦人科医YouTuber 先生

小陰唇の慢性的な痒みについて

30代女性

先生こんにちは。前回の質問に答えていただきありがとうございます。

前回の続きですが、右側の小陰唇の方が気持ち大きいです。掻きむしっている間に伸びていってしまった気がしますが、すごく差があるわけではありません。

糖尿病はありませんが、現在標準体重よりも10キロほど太っています。
妊娠中に標準体重以上になり、産後標準体重に戻りましたが痒みは治りませんでした。

生理中、後、関係なく毎日痒くなります。
布団の中にいる時が1番痒みが強く、痒みで起きてしまうこともあります。

慢性蕁麻疹の薬でビラノアという薬を毎日飲んでいますが、膣の痒みには効いていないです。

この痒みの件で産婦人科、皮膚科含め5箇所ほど病院を受診しましたが、塗り薬を出されるか、カンジダだと言われ検査をしてもカンジダではなく、他の細菌があるわけでもなく、とりあえず塗り薬で様子見ましょうと言われることがほとんどです。

同じく妊娠中に耳の穴が痒くなって掻きむしってしまい耳鼻科にかかり点耳薬と塗り薬をいただいた経験があります。
塗っている間は痒みは治るのですが、塗っていないとまた痒くなってしまうというのがこれも8年間治らずにいます。
関係あるのかわかりませんが、こちらも右耳だけです。

耳は薬を塗れば痒みはほぼ出ないのですが、塗らなくなると痒みが出てきます。
耳鼻科と皮膚科で見ていただきましたが、少し赤くなってるかな?というくらいで、はっきりとした病名を言われることはありませんでした。

蕁麻疹といい、耳といい、もうそういう体質だと思うしかないでしょうか…

ご質問ありがとうございます。


腟の慢性的な痒みに関してですね。


耳もなのですね。

皮膚科のことはあまり分からないのですが…

布団の中にいるときに痒くなるということは、あたたかいところや副交感神経が優位な状況でかゆくなるということですよね。

お風呂などはいかがでしょうか。


あたたかい時や運動の時にかゆみがでるアレルギーもあるので、アレルギーの専門の先生に相談してみてもいいかもしれません。


睡眠はとれていますか?例えば何か心理的な背景があって痒みという症状に出ることもあるので心療内科などもいいかもしれないです。

抗不安薬などの服用で、慢性的な症状が落ち着く場合もあります。

ペインクリニックは痛みをとる診療科ですが、かゆみは痛みを感じる前の感覚なので相談してもいいかもしれません。


上記のように、産婦人科や皮膚科以外でご相談もいいと思います。


以上ご参考になれば幸いです。

また何かご不安なことがありましたらいつでもご相談くださいね。

4

2023年11月28日 10時39分


参考になりましたか?
ハートを贈り高橋怜奈/産婦人科医YouTuber先生を
サポートしよう!

YouTuber、産婦人科専門医、指導医、がん治療認定医、性教育認定講師です。生理、更年期、癌、セックス、婦人科形成手術、なんでもご相談ください。
【質問時】婦人科検診歴(子宮頸癌検診、エコー、性感染症などの時期と結果)、現在の使用薬の種類、量をご記載下さい。

YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCVR9XnYBIQ4OlGmFPUNGGVQ

相談一覧

クラウドファンディングcloud funding banner