相談詳細

ストレートネックについて

20代 女性

だいたい一年前、朝起きると首が痛くて下を向けなくなってしまい、一週間ほどしてもまだ痛んでいたため初めて整形外科を受診しました。 そこでCTを撮ったところ首のカーブがストレートを通り越して逆に湾曲(後弯)していると言われました。 その時は頸椎症と診断され、首の痛みと少し腰の痛みがあり腕の痺れなどなかったため2回ほどリハビリを受けて治療が終了したのですが、それからもたまに首が痛むというか動かしづらいような、かなり凝っているなぁと感じることがあります。 私は痩せ型で首が細いので骨が後弯していることによって余計に体の他の部分にも負担や悪影響が出ているような気がして(日常的に体が怠かったりすることが多い)、後弯を治したいと思うのですが根本的に治す方法は手術しかないのでしょうか? 意識的に姿勢を正して座ったり寝具に気を使ったりリハビリの時に教えてもらったストレッチを出来る時にしたり自分で気をつけてはいるのですがストレッチ等では状態は良くならないものでしょうか?

はじめまして! 整形外科医のおるとと申します。 よろしくお願いいたします! 頚椎後弯に関しては、基本的にやるべきはストレッチや運動、生活改善がメインとなります。 頚肩部のストレッチは空き時間などでもできますし、お風呂上がりなどにやるのも良いでしょう。 体操に関しては文章で説明が難しいので、肩こりの体操などを整形外科で習っていただくのが良いかと思います。 くびまわりだけではなく、肩や背部などもしっかり動かしてあげることも重要です。 長時間のリモートワーク、パソコン作業のお仕事や勉強、スマホやタブレットの使い過ぎなどは悪化の要因となる可能性があります。 使用する際は姿勢に注意し、30分おきくらいに身体を動かしてあげてください。 なお、頚下がりが著しい場合や、神経症状などがあり薬物療法に抵抗性の場合などを除き、ストレートネックを治すためだけに手術をすることはまずないと思います。 参考になれば幸いです!

とてもわかりやすいご回答ありがとうございます!余裕のある時に体操やストレッチを習いに整形外科等プロに教わりに行こうと思います!

2022年09月14日 11時38分


参考になりましたか?
ハートを贈りおると🔨🐦整形外科医先生をサポートしよう!

✔︎日本整形外科学会専門医
✔︎日本整形外科学会認定
運動器リハビリテーション医
スポーツ医
リウマチ医
✔︎ロコモアドバイスドクター

上記所持しております