相談詳細

妊活前の風疹ワクチン接種について

30代女性

よろしくお願いいたします。 風疹抗体がつきにくい体質で妊娠(第二子)を希望している場合に、風疹ワクチン接種をどうしたらよいのか教えていただきたく質問いたします。 これまでわかっている範囲での風疹麻疹ワクチン接種歴・抗体値は以下のようになります。 2007.3 風疹ワクチン接種 2014.4 風疹抗体HI法8倍 2014.8 風疹ワクチン接種 2015.6 風疹IgG抗体11.3・麻疹IgG抗体13.1 2015.11 麻疹ワクチン接種 2016.1 麻疹ワクチン接種 2017.9 風疹抗体HI法16倍・麻疹抗体HI法8未満 2017.9 MRワクチン接種 2018.2 風疹抗体HI法32倍・麻疹IgG抗体17.0 2020.3 風疹抗体HI法8倍(第一子妊娠初期検査) なお、第一子は1歳でMRワクチン接種済、夫は2017.9 風疹抗体HI法64倍・麻疹抗体HI法8倍、2019.2MRワクチン接種済です。 これまでに3回風疹ワクチン接種をしてきたのですが、第一子妊娠時には風疹抗体がありませんでした。 今後第二子を希望しており、先天性風疹症候群が怖いのでワクチン接種にて免疫を獲得したいのですが、私の体質では難しいのでしょうか。頸がん検診で通っている婦人科の医師には、打っても無駄かもしれないと言われてしまい…。 MRワクチンを1回接種する予定でしたが、1回接種よりも2回接種の方が抗体がつきやすいときいたので、必要ならば2回接種も考えております。 今後ワクチン接種をどうするのがよいか、教えていただけますと幸いです。 よろしくお願いいたします。

ご質問ありがとうございます。 予防接種を何度接種しても抗体がつかない方は、しばしばいらっしゃいます。医療関係者のためのワクチンガイドラインというものがありますのでご参考になれば幸いです。 http://www.kankyokansen.org/modules/publication/index.php?content_id=17これは医療関係者が医療機関で勤務したり、実習やボランティアをするために作られたものですが、このサイトの中のQ &Aのなかに、 『予防接種の記録が 1 歳以上で 2 回ある場合、抗体検査は必要ですか?』という問いに対して、 『予防接種の記録が 1 歳以上で 2 回ある場合は、抗体検査は必須ではありません』と回答されています。 また、『予防接種の記録が1歳以上で2回あるのにもかかわらず、基準を満たさない陽性の場合、抗体価の基準値を満たすまでワクチンを接種し続ける必要はなく、ワクチンの接種記録が重要』だという事も記載があります。  個人が風疹や麻疹などの感染症に対して免疫があるというのは、抗体価の有無ではなく、確実にその感染症のワクチンを2回接種したということで、現代医学においても病原体に対する免疫応答には不明な点が多くあり、抗体は免疫システム全体からすれば一部にすぎません。麻疹などでは抗体価と発症予防の免疫能が相関しないことも証明されています。 そして、たとえ風疹抗体価が高くても、ウイルスに濃厚に接触すると、風疹に感染する可能性はあり、抗体価が32倍以上であっても先天性風疹症候群を避けられなかった、という報告もあります。 そのため、抗体価が高かったとしても、風疹感染予防を心がけることは大切です。 風疹ワクチン接種後に避妊期間をしっかり2ヶ月設けられるのであれば、接種を検討してもよいですし、風疹ワクチンを接種してはいけないという訳ではありません。ただし、今の状況から考えると接種しないといけない、ともならないです。難しいですね。 予防接種をしっかり接種しても、抗体価が高くならない方は一定数いらっしゃいますので、ご家族や周りの方のワクチン接種や、感染予防などが何より大切になってくると思います。 以上、ご参考になれば幸いです。 また何かご不安な事がありましたらいつでもご相談ください。

3

2022年12月03日 14時13分


参考になりましたか?
ハートを贈り高橋怜奈/産婦人科医YouTuber先生を
サポートしよう!

相談一覧