相談詳細

ストレートネックで可能なストレッチ、筋トレについて

30代女性

長年、肩こり首コリ、緊張型頭痛に悩まされて整形外科を受診したところ、ストレートネックと診断されました。 受診した先生には、できるだけ安静にすることと首のストレッチをおすすめされました。 googleやyoutubeで検索すると、ストレートネックに良いとされるストレッチなどがいろいろと出てきますが、こういうものはあまりやらないほうがいいでしょうか。 先生に教えていただいたストレッチは、1種類だけでしたので、もの足りなくなる時もあり、動画など見ながら、他にも試してみたいなと思うことがあります。また、安静を指示されたため、全身のストレッチや筋トレなどを一旦中止したのですが、これも再開したいと思っています。。 受診した先生の指示に従うのが、第一かと思いますが、もし絶対やってはいけない動きなどがありましたら、一般的な話で大丈夫ですのでご教示いただきたいです。 よろしくおねがいします。

回答済み

整形外科

ご質問ありがとうございます。 お返事が遅くなってしまっており、申し訳ありません。 まず、大前提としてお話ししなければならないことですが、「ストレートネック」という病気はありません。 ストレートネックとは首を横からレントゲンで撮影した際、本来、前向きにカーブしている首の背骨(頚椎)が真っ直ぐになっている「状態」のことです。 この原因には様々あります。 背骨と背骨の間にある椎間板という軟骨が歳と共に傷むことが原因のこともあれば、普段の姿勢の悪さや筋トレのしすぎで首周りの筋肉の緊張バランスが悪い、生まれつきなど色々な要因があります。 申し訳ありませんが、私が実際に首周りの筋肉の緊張を確認したわけではないので、このストレッチが絶対にイイと断定することはできません。 ご自身でもお考えの通り、まずは診察した先生の指示に従っていただくのが良いと思います。 ストレートネックに限らず、絶対にしない方がいい動きとしては整体などで首を無理くり曲げてゴキっと鳴らす行為です。 整体自体を否定しているわけではありません。特に筋肉の緊張のバランスが悪い時に緊張を解してもらうことは悪くはありません。ただ、急激に無茶な力をかけて首を動かしたことが原因で首の骨の中を通っている動脈(椎骨動脈)が傷ついた症例があるので、この行為はやめましょう。

1

2023年01月10日 17時34分


参考になりましたか?
ハートを贈りゆるドク@整形外科医先生を
サポートしよう!

地域医療に従事している整形外科医です。
特に腰痛、腕の痺れ、足の痺れ、坐骨神経痛などが専門です。
お気軽にご相談ください。

【資格】
医学博士
整形外科専門医
脊椎脊髄病医
難病指定医

相談一覧