相談詳細

ばりすた☕️脳神経内科医 先生

頭痛外来を受診する際に伝えるべき症状、伝え方等教えてください。

30代 女性

子どもの頃から頭痛に悩まされています。 子どもの頃は肩こり・閃輝暗点から脈打つような頭痛、嘔吐といった感じで、アセトアミノフェンを小児科でもらい飲んでいました。 高校生の頃、脳神経内科を受診し脳波?を測ったりして『片頭痛だね』と言われ、薬をもらいました。 ただ、その薬が合わず、それ以降受診しなくなってしまいました。 ここ数年は、毎日のように痛いことが1ヶ月ほど続くことがあり、また市販薬の効きが少し悪くなったような気がすることもあり、また受診を考えています。 ただ、頭痛歴が長く、痛み方も毎回同じでもないので、どう伝えれば良いのか悩んでしまい、予約を取る決心がつきません。 やはり、頭痛カレンダーを付け持参するのが良いでしょうか? (といっても1ヶ月ほとんど何とも無い月もあるので、今からつけてもあまり情報がないかもしれません。今年、6月に毎日のように痛くてつけた1ヶ月程の記録ならあります) ・始まった時間/終わった時間 ・痛み方や度合い ・前兆の有無 ・心当たりのあるきっかけ ・他の症状(吐き気や体の痛み) ・服薬 ・効果的だった対処法 を記録していますが、 こういった情報があると診断する側として助かるということを教えていただけると嬉しいです。 (おそらく当日問診票などあると思うのですが、予めまとめておきたいです) また、問診より検査結果の方が重要視されていたりするのでしょうか? よろしくお願い致します。

回答済み

神経内科

ご質問ありがとうございます。 脳神経内科のばりすたです。 仰るように ・頭痛の持続時間 ・痛む場所や度合 ・前兆の有無 ・他の症状 ・きっかけになる/悪化する要因 ・どんな薬をどれくらい飲んでいるか といった情報は大事なのでまとまった情報があれば有用です。 頭痛カレンダーも重要な情報源となります。 頭痛は何らかの病気が背景にあって起こる頭痛(二次性頭痛)と、そうではない頭痛(一次性頭痛)とに大別されます。一般的に、問診の結果はどちらの診断にも必要ですが、前者を診断する場合には検査結果は重要ですし、後者は上記のようにどのような頭痛がどう起こるかといった情報はより重要と考えています。 長い間悩まされている頭痛は、基本的に頭痛外来の受診をお勧めしています。 短期間で目に見えた改善に至らないこともありますが、根気よく継続的な受診が必要です。 ご参考になれば幸いです。

2021年10月10日 02時26分


参考になりましたか?
ハートを贈りばりすた☕️脳神経内科医先生をサポートしよう!