相談詳細

おると🔨🐦整形外科医 先生

肘部管症候群について

30代 男性

おると先生、はじめまして。 少し前にチネル陽性、尺骨神経の脱転?脱臼?にて左肘部管症候群と診断されて保存的治療が功を奏さなかったので、手術を勧められました。 ですが怖かったので一旦様子見をしておりました。 症状としては、 左肘の痺れ、痛み、だるさ 左環指、小指とその付近の掌の痺れと時々痛みがあります。 ここ1.2週間ほどで症状が強くなり、手術を再考しております。 そこでいくつか疑問に思ったことを質問させてください。 ①尺骨神経の脱転とは具体的にどのようなことでしょうか? 尺骨神経は肘を曲げると内側の方に動くものなのでしょうか?それが脱臼ということなのでしょうか? それと同時に痺れが一瞬強くなります。 正常では曲げても特に動くことはないのでしょうか? ②完治を目指すのであれば一般的には手術でしょうか? ③局所麻酔でできるとのことですが、全身麻酔希望です。 それは担当医に伝えてもよろしいのでしょうか? ④尺骨神経は皮膚と骨の間に存在しているものでしょうか? 皮膚の上から触ってわかるものなのでしょうか? 以上になります。長くなってしまい申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。

回答済み

整形外科

よろしくお願いいたします! ご指名ありがとうございます、整形外科医のおるとと申します。 早速ご質問いただいた内容について、簡単に解説させていただきます。 ①尺骨神経の脱転とは具体的にどのようなことでしょうか? 尺骨神経は肘を曲げると内側の方に動くものなのでしょうか?それが脱臼ということなのでしょうか? それと同時に痺れが一瞬強くなります。 正常では曲げても特に動くことはないのでしょうか? 尺骨神経は肘の内側にある尺骨神経溝というところを通り、肘部管へと走行します。 この溝から外れることを脱臼と指していると考えます。 普通は肘を動かしても神経が外れることはなく、症状も出ません。 ②完治を目指すのであれば一般的には手術でしょうか? 症状が日常的に続いている場合で保存療法がうまくいかない場合などは、手術を選択することとなります。 神経が尺骨神経溝からズレやすい場合は、神経の走行する場所を変更する手術を行うことが多いでしょう。 ③局所麻酔でできるとのことですが、全身麻酔希望です。 それは担当医に伝えてもよろしいのでしょうか? 全く問題ありません! おそらく局所麻酔ではなく、腕一本麻酔をするブロック麻酔を用いてやるのだとは思います。 しかし全身麻酔への変更は可能でしょう。 ただし全身麻酔にも特有のリスクがありますので、しっかり主治医から話を聞いて判断する必要があります。 まずは早めに相談してみてください! ④尺骨神経は皮膚と骨の間に存在しているものでしょうか? 皮膚の上から触ってわかるものなのでしょうか? 一般的に尺骨神経はかなり浅い層を走行しています。 肘をぶつけた時に小指の方に痺れが走ると言うのはまさに尺骨神経の症状なのですが、浅いために簡単にぶつけただけで症状が出るというわけなのです! 手術がうまくいき、症状が良くなることを心より祈っております!! お大事に!

2021年11月03日 10時58分


参考になりましたか?
ハートを贈りおると🔨🐦整形外科医先生をサポートしよう!

✔︎日本整形外科学会専門医
✔︎日本整形外科学会認定
運動器リハビリテーション医
スポーツ医
リウマチ医
✔︎ロコモアドバイスドクター

上記所持しております