相談詳細

ホワイトスポット

40代 女性

カメラ

※添付画像は投稿者ご本人と医師のみ参照可能です

現在、ホームホワイトニング中です。 ホワイトニングが効かないホワイトスポットの前歯が気になります。 やはりラミネートベニアがてっとり早いでしょうか? ラミネートベニアのメリット、デメリットが聞きたいです。

回答済み

歯科

こんにちは。 ホワイトスポットに悩まれる方は結構いらっしゃいますよね。 ホワイトスポットを治療する際の選択肢は基本的に ①白くなっている部分を削って、プラスチックを詰める(コンポジットレジン) ②歯の表面部分全体を削ってセラミックを貼り付ける(ラミネートベニア) ③全周の歯を削ってセラミックの被せ物を入れる(セラミッククラウン) と、この3種類が主たる方法でした。 それぞれ侵襲の小さい順に①<②<③となる訳なんですが、治療したところは自費だろうが保険だろうが必ずまた虫歯になります。 その為、治療介入する際には侵襲の小さい物から順に行っていくのが通常です。 その方が歯を多く残せますからね。 ラミネートベニアのメリットは ・見た目が綺麗 ・セラミック素材の為、磨き残しが付きづらい。 ・やり直しの必要な着色などは生じない。 ・審美目的の為保険が利かず、高額(大体10万は超えると思います。) 逆にデメリットは ・歯を削る必要がある。 ・付け爪みたいなものなので、外れたり割れたりすることがある。 ・地味に難しい。 ですね。 ただし最近歯を殆ど削らないで済む治療法ICONと言われるものが登場しました。 その為、歯を削る量は ICON<超えられない壁<①<②<③ といった感じになります。 ICON治療のメリットは ・歯を削らないで済む(一層研磨することはあります) ・審美的に違和感なく仕上げることが出来る ・歯を削ったりする不快感を感じないで済む ICON治療のデメリットは ・比較的新しいため、長期予後が不明 ・ホワイトスポットの種類によっては改善しきらないことがある ・強い薬剤を使用するため、ラバーダム防湿(ゴムのマスク)が必須 ・審美的目的の為、保険適用ではなく自費診療の為治療費が高額となる。 といった感じでしょうか。 一度ICONも調べられても良い気がしますよ。 当院でのICONの症例写真を添付させていただきますね。

参考画像
ポップアップ

close

画像をクリックタップして拡大

2021年11月06日 18時16分
編集済み


参考になりましたか?
ハートを贈りみっきー。(意識低く知識は浅い、で...先生をサポートしよう!

こんにちは。
北関東で小ぢんまりとした歯科医院の院長をしています。
専門医も認定医も持っていないのでわかる範囲での回答とさせていただきます。
22時くらいには寝ますのでそれまでは回答できると思いますヽ(゚∀゚)ノ パッ☆