adsads

相談詳細

指名:こどアレ@小児科&アレルギー 先生

卵アレルギーについて

10歳未満男性

1歳の時に鶏卵アレルギーが分かり、その後小児科にて半年ごとに負荷試験をしてきました。

現在5歳ですが、3歳の時に15分加熱したゆで卵1個まで食べられるようになり、負荷試験は終了しています。
保育園の除去食も解除しており、家庭でも加熱した卵料理を食べています。
マヨネーズ、プリンは症状なく食べれます。

家族が食べている半熟の目玉焼きや卵かけご飯を食べたがるのですが、少しずつ食べさせてもいいのでしょうか?
生卵の負荷試験をした方がいいのでしょうか?

本人は卵を食べて痒みや咳が出た時の記憶がなく、アレルギーという自覚が薄いようです。
生卵を食べる必要は必ずしもないのかもしれませんが、食べられるものを制限しているのであればそれも可哀想な気がします。

回答をよろしくお願いします。

回答済み

小児科

ご指名でのご質問ありがとうございます。卵アレルギーと半熟卵について、「現在5歳、1歳から卵アレルギーで通院、3歳でゆで卵1個まで食べられるようになって卒業、園で除去食無し、半熟の目玉焼きや卵かけご飯を食べたがる、少しずつ食べさせても良いか?生卵の負荷試験をした方が良いか?」というご質問でした。

結論から言うと、ご本人が食べたいものはぜひ食べていかれると良い、お試し頂くと良いかと思います。その試し方について「病院での負荷試験にする」か、「自宅で少しずつ試していくか」は以前卵アレルギーでかかられていた先生にご相談されると良いかと思います。ただ、実際のところ、ゆで卵や炒り卵などの加熱卵で丸々1個食べられたら日常生活であまり困らなくなりますし、半熟卵や生卵まではあまり食べたくないというお子さんもいらっしゃぃふので、相談の上通院を卒業になることは多く、卵アレルギーのお子さん全員に生卵までの負荷試験をしている病院は少ないかと思います(僕の場合は加熱卵丸1個クリア後は基本的に自宅で食べ進めて頂き、自宅で生卵を食べるのはどうしても心配というお子さんに関しては負荷試験をしております)。

半熟卵と生卵についてですが、僕のnote「鶏卵アレルギー:鶏卵に関するお役立ち知識&誤解されていそうなこと」にも書いておりますが、「ゆで卵の12分間加熱では、オボアルブミンは生卵の1/10000に低下、オボムコイドは1/8に低下」しますので、やはり加熱卵と生卵とではアレルゲン性は大きく異なります。ただ、半熟卵(温泉卵)のアレルゲン性は生卵と比べてそれほど低下しておらず(91%のオボアルブミンが残存)、温泉卵まで食べられれば生卵は少しずつ食べられる可能性が上がります。むしろ、半熟卵に油断せず注意した方が良いかも知れません。

また、万が一のアレルギー症状を強く出さないために、少しずつ、また加熱の緩め方も大胆にはせずにご確認頂くと良いかと思います。個人差がありますので、具体的な進め方を提示することは出来ませんので、これまた僕のnote「アレルギーに配慮した離乳食の進め方」をご参考にして頂くと良いかと思います。無理なさらず少しずつ食べ進めるようお願いいたします。

4

2023年04月21日 22時34分


参考になりましたか?
ハートを贈りこどアレ@小児科&アレルギー先生を
サポートしよう!

「小児科専門医」&「アレルギー専門医」です。お子さんの病気、お子さん関連全般、アレルギー関連、などで、何か疑問や不安がありましたらご質問ください。

*小児科の回答医師は複数いらっしゃぃす。僕はご指名でのご質問を中心にお答えしておりますのでご了承ください。

相談一覧

クラウドファンディングcloud funding banner