相談詳細

ステロイド依存性ネフローゼ患者の長期的な治療について

30代 男性

お世話になります。 主人が小児発症のステロイド依存性ネフローゼを患っております。 ◆小児期...ステロイド中止後2週間経たず再発を繰り返す ◆20代半〜後半...ステロイド中止後2年ほどで再発を繰り返す 長期的なステロイド服用が心配でリツキサンをかかりつけの病院で相談しましたところ、 ・リツキサンはステロイドに抵抗を示している患者のみに使用 ・ステロイドは一生現在の量から減らさず飲み続ける とのことでした。 理解はしたのですが、現在の時点で30年近く飲み続けており心配です...。 現在かかりつけ医ではネフローゼの学会発表などからは遠のいているようですが、やはりどちらの病院でも同様の見解でしょうか...。もしどこか相談を検討してもよい病院があればご教示いただけますと幸いです。 (一度埼玉医科大学、女子医科大学のどちらかは検討したいなと思っておりました) お忙しい中恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。 ************ いつもありがとうございます...! 先日Dr.心拍先生に教えていただきました病院に行きましたところ、アレルギー除去の結果にはなりましたがとても丁寧に診察していただき喘息も全く安定していないことがわかりましてよかったです...。 本当にありがとうございました。

回答済み

リウマチ科

ご質問拝見しました。プレドニゾロン 7.5mgとネオーラル〔シクロスポリンA〕で腎臓の状態(蛋白尿)は落ち着いているから現在の内服量〔プレドニゾロン〕を継続した方がいいとの外来医の先生のご意見ですね。 リツキシマブは現在「落ち着いていない」、つまりステロイドで治療しても良くならない患者さんに使用するという方針は、決して間違ってはいないのですが、一方でプレドニゾロン 7.5mgは長期に(一生?)使用するには高用量すぎると思われます。そのあたり、診療科〔リウマチ科、腎臓内科など〕によっても温度差がありますが、個人的には少なくとも5mg「未満」を目指して減量していくと思います。 ヨーロッパリウマチ学会は、長期使用が必要な際には5mg未満を推奨しています〔英語のスライドで恐縮です〕 ですので、プレドニゾロンは7.5mgから減量をすすめる、その過程でもし悪化があればリツキシマブも含めた治療選択肢を考える、というのも適切な選択肢です〔僕ならそうします〕 但し、リツキシマブは新型コロナウイルスへのワクチンの効果を減弱させることが明らかになってきているので、今すぐの使用は〔僕なら〕行わないと思います。 埼玉医大本院、女子医科大学など各施設での方針・ポリシーを確認できませんが、どこの病院でも「プレドニゾロン 7.5mgをずっと継続」とはならないと思われますので、一度他の病院をご受診・ご相談頂くのも一法です。

参考画像
ポップアップ

close

画像をクリックタップして拡大

別の病院に行って参りましたが、プレドニゾロン即減らしましょうとのお話になりまして本当に良かったです...。プレドニゾロンも免疫抑制剤も0を目指し、再発したらリツキサンも時期諸々含め検討するとのことでした。お忙しい中本当にありがとうございました!!

お忙しい中ご回答いただきましてありがとうございました。同病院で主人の喘息の方も一生治らないと言われたこともあり、無性に悲しくなりました...。ですが、別の病院に相談に行こうとお陰様でこれで主人に強く言えます笑。ワクチンの効果の件もありがとうございました...!承知いたしました。

2021年12月08日 12時00分
編集済み


参考になりましたか?
ハートを贈りNoboru Hagino(Rhe...先生をサポートしよう!

リウマチ・膠原病は、近年病態生理の解明が急速に進み、診断・治療の進歩が著しい分野ですが、本邦では専門医が少ない分野でもあります。お悩みのことがございましたら、お気軽にご相談下さい。