相談回答詳細

根官治療の頻度について

30代女性

上前歯2本の差し歯を新しくする為に診てもらったところ、中の状態が悪いようで根官治療をしています。 まずは1本を月に1回の頻度で計5~6回治療しています。しかし膿が出続けているようで、恐らく抜歯になるとのことです。 ネットで調べると根官治療の頻度は週1~2が理想と書いてあり、主治医の治療と異なる為不安になってしまいました。 出来ることなら抜歯は避けたいので、後悔しない為に今できることをしたく、こちらで相談させていただきました。 前歯についての補足です。 20年以上前、折れてしまったのでその際に神経を抜きました。前回(10年近く前)は別の歯科で差し歯を作りました。 他の歯の虫歯治療でお世話になっている先生なので信頼しているのですが、正直治療頻度が月1ということに疑念を抱いております。 歯の状況によっては一般的な頻度なのでしょうか。 また、顕微鏡のある歯科でのセカンドオピニオンを考えているのですが、主治医には相談するべきでしょうか。 お忙しいところ恐縮ですが、ご意見を伺えますと幸いです。よろしくお願いいたします。

回答済み

歯科

こんにちは。 akina先生が素晴らしい回答をしてくださっているので、メインはそちらをご覧ください。 私はそれに少しだけ補足をさせていただきますね。(根管治療などの保存を主として治療しておりますので、結構なバイアスに塗れてますが、ご容赦ください。) まず「週1~2が理想」というのをネットで見つけたとのことですが、根管治療の本質はそこではないですね。 現代的な考え方でいくと、根管治療は「1回の時間をしっかりと取り、その時間内でどれだけ根管内を綺麗にしたか」が成功率に関わってきます。 そのため、例えば週1〜2の治療だったとしても1回の治療が30〜60分取られているのであれば良いとは思いますが、5〜10分しか取られていないのであれば単に感染リスクを上げて根管治療の成功率を落とすだけになりかねないと思います。 そのため月4〜8回を5分で行うよりも、月1回あるいは3ヶ月に1回でもしっかりと時間をとって治療していただくのが一番だと思いますよ。 ただしここで注意が必要なのは、あくまで大切なのは根管内を綺麗にすることであり、時間をかけてもそれが達成されなければ意味がありません。そこは大前提として覚えておいて頂ければと思います。 また根管治療のことを専門用語で言うと、「歯内療法」と言います。 ネットの記事でお分かりのとおり、これは先生によって考え方はもちろん、手技も変わりそれによって成功率も大きく異なってきます。 もし歯の保存にこだわりがおありなのであれば、歯内療法専門医の先生に紹介していただいた方がいいかもしれません。 ただ、予約間隔は月1よりも先になる可能性もあると思います。 さて、次点としてセカンドオピニオンについてですが・・・ 昨今これについて転院と誤解されることが多いように思えます。 本来のセカンドオピニオンは「担当医からの資料提供に基づき」「第三者の医師・歯科医師の意見を求める」ものです。あくまでも意見を求めるだけになりますので、治療に関しては第三者の歯科医師が行うのではなく紹介元の担当医が行うのが鉄則です。 そのため、例えばA医院で治療を受けていて不安になり、B医院に話を聞いてみて、こっちの方がいいなと思いB医院に通院することにする。 と言うのはセカンドオピニオンではなくただのドクターショッピングになり、医療費を高騰させる原因となりますのでご注意ください。 またセカンドオピニオンは自費での受診となり、保険診療が使えない点にもご注意くださいね。 知らずに行ったら急に数万円請求された。といったこともあり得ますので。 akina先生も書かれていますが、まずは担当医としっかりと相談し、今後の治療の見通しを聞いてみた方がいい気がしますね。 ご参考程度にしていただければ幸いです。

0

2022年03月16日 07時29分
編集済み


参考になりましたか?
ハートを贈りみっきー。(意識低く知識は浅い、で...先生を
サポートしよう!

こんにちは。
北関東で小ぢんまりとした歯科医院の院長をしています。
専門医も認定医も持っていないのでわかる範囲での回答とさせていただきます。
22時くらいには寝ますのでそれまでは回答できると思いますヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

相談一覧