相談詳細

インフルエンザワクチン、妊婦は産婦人科で打つのがよいか

30代女性

現在妊娠中、インフルエンザの予防接種について質問です。 先日子のかかりつけの小児科で、親も打てるということだったのでインフルエンザの予防接種を申し込みました。 問診票の妊娠中に丸をし、スタッフから何週か聞かれ28週と答えました。 そのまま診察室へ入ると、このワクチンは成分の関係でこの病院では打てない。以前は打てるものを仕入れてたんだけどね…産婦人科で相談するように、と言われそのまま帰されました。 インフルエンザワクチンは妊娠中どの期間でも打てるものと思っていたので、混乱しています。 インフルエンザワクチンにも種類があるのでしょうか? まだ打てていないので、近い日程で打てる近所の内科で受けたいのですが…妊婦は産婦人科の方が安全なのでしょうか。。 お教えいただけましたら幸いです。 よろしくお願い致します。

回答済み

産婦人科

ご質問ありがとうございます。 妊婦さんのインフルエンザワクチン接種について、ご不安な方も多いと思います。質問者様がおかかりになったクリニックで『妊婦さんでも打てるもの』としているのが防腐剤のチメロサールを含まないチメロサールフリーのインフルエンザワクチンの事だと思います。 単刀直入に申し上げると、気になるのであればチメロサールフリーのワクチンをご検討頂いてもよいと思いますが、妊婦さんでも一般的なインフルエンザワクチンの接種は問題なく可能です。 ①インフルエンザワクチンを含むワクチンに含有されるチメロサールが時に見られる局所 における過敏性反応を除いて、何らかの副作用(副反応)の原因となることを示す科学的根拠は存在しないこと ②チメロサール含有ワクチンを妊娠中に接種された女性から生まれた子供における副反応 の原因となることを示す科学的根拠は存在しないこと ③蓄積された根拠からはチメロサール含有ワクチンへの曝露が神経発達障害のリスクを高 めることは示唆されないこと ④ワクチン接種により重篤なインフルエンザ、続いて起こる合併症などが予防できるため、妊婦や小児も含めて接種が推奨されるグループにおけるインフルエンザワクチンの有益性は、ワクチン接種によるチメロサール曝露の仮説的なリスクに基づく懸念をはるかに上回るものであること などが現在示されています。 厚生労働省のサイトにもわかりやすく記載があります。https://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/10/dl/s1018-2f.pdf チメロサールフリーのワクチンは値段が高く、あまり出回らない為、それを求めて結局接種出来ずに感染してしまうデメリットの方が多いかと思います。 インフルエンザも流行り始めているため、すぐに無理なく接種できるものを選択して頂くのがよいでしょう。 産婦人科でも内科でもどちらでの接種でも構いません。断られる心配があるようであれば事前に医療機関に問い合わせをしてみるといいと思います。 以上、ご参考になれば幸いです。 また何かご不安な事がありましたらいつでもご相談ください。

7

2022年12月02日 11時31分


参考になりましたか?
ハートを贈り高橋怜奈/産婦人科医YouTuber先生を
サポートしよう!

相談一覧