相談回答詳細

指名:高橋怜奈/産婦人科医YouTuber 先生

妊娠36週以降の早産防止について

30代女性

いつも先生の発信されている情報を参考にさせていただいております。 12/5時点で36w1dになる妊婦です。 切迫早産で35w1dより入院し、ウテメリン(常時)とマグセント(時々)を点滴しながら経過を見ていました。 動悸・頻脈を起こしやすくウテメリンの量を増やせないため、お腹の張りが増えたときにマグセントを追加していたのですが、36wを超えるとマグセントは保険適用外になると説明を受けました。 昨日、今日はお腹の張りがそれなりに落ち着いているのでマグセントを使わずに済んでいますが、頻脈のためウテメリンを少し減らすことになったので、この後お腹の張りが増えたときに自費でマグセントを使うかどうか考えてみて、と先生から言われました。 ちなみに2,500gは超えていそうなので、万一今出産することになっても特に問題はなさそうとのことです。 自費でマグセントを使用することに対する金銭的心配はあまりしておらず、保険適用外になる=一般的に推奨された治療法ではないのではないか?という不安から自分なりに色々調べてみました。 添付文書には「原則として、妊娠35週以下又は推定胎児体重 2500g未満の切迫早産に使用することが望ましい。」と書かれてあること、新生児が高カリウム血症や高マグネシウム血症を起こす可能性があるということを知り、少し不安になっています。 当然特に37wまでは1日でも長くお腹に居てくれた方が良いのは分かりますが、マグセントで無理にお腹に留めようとするのもまたリスクに思えます。 ウテメリンの点滴は続けているので、もし今後張りが来てもマグセントは使わず様子を見たい(お産が進んだとしてもしょうがない)と考えているのですが、この判断をどう思われますか? 入院先の先生はわたしの意思を尊重するスタンスのようだったので、高橋先生のご意見も聞いてみたいと思い質問しました。 直接診察していただいているわけではないので難しい質問であることは承知しておりますが、ご意見いただけましたら幸いです。

回答済み

産婦人科

ご質問ありがとうございます。 そして発信もご覧頂いているとの事、ありがとうございます。 硫酸マグネシウム・水和物を継続して使うべきか、というご質問ですね。 確かに、妊娠32週未満の早産が予測される妊婦に対しては、児の脳保護を目的として硫酸マグネシウム・水和物の投与がWHOでも推奨されています。硫酸マグネシウム・水和物の母体に対する副作用としては頭痛、腱反射低下、脱力感などがあり投与中は注意深く観察する必要があります。 また、硫酸マグネシウム・水和物の切迫早産患者の早産予防のための長期維持療法は、偽薬や他の子宮収縮抑制剤と比較して差がないと言えるほどの十分なエビデンスはなく、妊娠 32 週以降は減量もしくは中止を考慮しましょうというガイドラインになっております。ご質問者さんも心配されているように、胎盤通過性があるため、新生児に高 K 血症が引き起こされることもあり、長期使用には注意が必要です。 現在、36週を超えており、推定体重も2500gを超えている、そして何より主治医がいま生まれても問題はなさそうと言っているのであれば、わざわざ保険適応外で使用する大きなメリットはないのではないかと思います。 以上ご参考になれば幸いです。 また何かありましたらいつでもご相談ください。 そして、元気なお子様にお会い出来る事を心よりお祈り申し上げます。

4

2022年12月05日 15時41分


参考になりましたか?
ハートを贈り高橋怜奈/産婦人科医YouTuber先生を
サポートしよう!

相談一覧