相談詳細

ミレーナはPMSに効果がありますか?

40代女性

初めまして。40代前半の女性です。 数年前からPMSの症状に悩んでいます。 婦人科の主治医からは血栓症リスクを理由にピルの処方を断られました。 血液検査をしても更年期の黄体ホルモン治療が適用外の値とのことでホルモン治療もできず。 現在加味逍遙散という漢方を処方されています。しかし排卵日前や生理前に顕著にイライラや眠気が酷くなり、生活に支障が出ています。 ここから先は心療内科案件と言われ、イライラがひどい時はリーゼを飲んでいます。 ミレーナはPMSに効果があるのでしょうか?もし効果があるなら導入したいです。

回答済み

産婦人科

ご質問ありがとうございます。 PMSの原因は多岐に渡りますが、排卵がある事でホルモンの変動が起こり、脳内のホルモンや神経伝達物質の異常を引き起こすことが、PMSの1番の原因と考えられています。 薬物療法としては、排卵を抑制するピルなどのホルモン治療をする事で、症状が改善する事も多いです。また月経困難症などの治療で使われる経口黄体ホルモン製剤も排卵を抑制するので、副効用的にPMSの症状改善を見込む事ができます。ただし抑うつ、うつ病の既往がある方だと人によっては症状が悪化することもあるので慎重な投与が必要です。 月経困難症やPMSの治療として、ピルや黄体ホルモン製剤を使う前に、ホルモンの血液検査などを調べる必要は本来ありませんし、その数値により治療が大きく変わることもありません。漢方はあまり合わなかったとなるとやはりホルモン治療がいいのかなとも思いますし、精神症状が強いのであれば、それと並行して精神科や心療内科の治療をされるのは、とてもよいと思います。 ここで、ミレーナ®︎ですが、ミレーナ®︎はホルモン動態に影響をほとんど与えず排卵も抑制しないため、残念ながらPMSへの効果はありません。経血量が少なくなって5人に1人は毎月の出血がなくなるため、月経が始まる前の予期不安みたいなものは無くなる方もいらっしゃるかもしれません。ですので、PMSの症状が強い方にミレーナ®︎を第一選択して勧めることはありません。 ホルモン治療などについて、もう一度担当医と相談してみるか、他の医療機関を受診して経口の黄体ホルモン製剤などのご相談をしてみてもいいかもしれませんね。 また生理管理アプリなどでご自身の生理周期や症状を記録する事も、自身のリズムを掴む事ができ症状改善に役立つと言われています。またマグネシウムやカルシウムなどのミネラルを多く摂る、カフェインやアルコール、タバコなどを常用しているようであればやめてみる、なども有効です。 以上ご参考になれば幸いです。 また何かご不安な事がありましたらいつでもご相談ください。

お忙しい中ご回答ありがとうございます。
受診する時間が中々取れず困っていたので、アドバイスを頂けてとても助かりました。また機会がございましたらどうぞよろしくお願い致します。

2

2022年12月06日 19時34分


参考になりましたか?
ハートを贈り高橋怜奈/産婦人科医YouTuber先生を
サポートしよう!

相談一覧