相談詳細

指名:皮膚科医ちゃん 先生

AGA治療が不妊に及ぼす影響について

30代男性

こんにちは。 AGA治療薬(フィナステリドやミノキシジル)が、不妊や胎児の発育に影響する事はありますでしょうか? 現在、第二子を望んでおりますが、もし影響あればと思い質問させていただきました。 まだ、診断された訳ではなく、治療も受けておりませんが、家系的におそらくAGAの家系だと思われます。早いうちに、一度、皮膚科を受診したいと思っております。 お忙しい所、申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。

回答済み

皮膚科

ご指名いただきありがとうございます。 AGA治療における不妊、催奇形性(胎児への奇形などの影響)をお知りになりたいということですね。 まず、不妊についてですが、男性における男性型脱毛症(AGA)の進行遅延に使われる薬は5α還元酵素阻害薬という薬です。これは、男性型脱毛の原因となる、男性ホルモンが活性化して作られる活性型DHT(ジヒドロテストステロン)という物質の産生を抑制します。 しかし、男性ホルモンは精子形成や性機能にも重要な役割があるため、この活性が抑えられることによる副作用が現れることがあります。例えばED(勃起障害)、精液量や精子数の減少などです。いずれも副作用の発生としては1%未満ですのでそんなに多い印象ではありません。 次に催奇形性に関してですが、基本的にはプロペシアや、ミノキシジル、ザガーロで胎児に奇形が起こることは多くはありません。薬剤成分が精液まで移行するのはごくわずかです。ただ、両剤ともに可能性は低いというだけで0(ゼロ)ではないので心配なようでしたら子作りの時には服用を中止する方が良いかと思います。 プロペシア、ミノキシジルは、服用を中止してから約1ヶ月で成分が体内から無くなります。服用中の方が子作りを考えている場合は、プロペシア、ミノキシジルを服用しない期間を1ヶ月置くことをお勧めします。 またザガーロを繰り返し服用している方では、成分が体内から無くなるまでに2.2~4.6週間ほどかかります。よって最低でも子作りを始める1ヶ月前に服用を中止するか、万全を期すのであれば6ヶ月前から服用を中止する必要があります。 ご参考になれば幸いです。

2

2022年12月31日 09時08分


参考になりましたか?
ハートを贈り皮膚科医ちゃん先生を
サポートしよう!

皮膚科専門医、1児の母でもあります。

わかりやすく丁寧な回答を心がけます。お力になれば幸いです。

相談一覧