相談詳細

妊娠中の飲料による子供への影響

10歳未満女性

平素より参考になる情報発信ありがとうございます。 最近妊娠中のポリフェノール摂取による胎児の動脈管への影響の記事を目にしました。 そこで現在1歳の子どもの事が心配になりました。 というのも妊娠中に心当たりがあるからです。 25週-28週頃、整体に通っており、そこで飲み物を出され、数回茶飲み1杯分飲んでしまいました。ポリフェノールがぶどうの8倍あり、妊婦さんにオススメと言う事で、購入も勧められました。 異様に高いし、購入せずそこで数回飲んだきりでしたが、今から思えば妊婦とポリフェノールの危険性も把握していない整体院が提供しているドリンクなんて怪しいし、他にも危険な成分が含まれていたのではないかと不安になりました。 チラシも貰いましたが捨ててしまいました。 他にポリフェノールの高い食べ物のとしては、妊娠中毎日のむプルーンヨーグルト1本を鉄分補給のため飲んでおり、他には私が検索した限りの高い食べ物(ルイボスティーなど)は特に摂取しておりません。 現在子供はアトピーや卵白アレルギーなどアレルギーはあるものの風邪も一度も引かず(自宅保育)元気に1歳を迎えたところです。 商品名もわからず答えにくい質問である事は承知していますが、一般論として現在元気に発育していたら問題ないのでしょうか? ご教授頂ければ幸いです。

ご質問ありがとうございます。妊娠中に摂取した食べ物や飲み物について、後で調べて不安になってしまう方はとても多いです。質問者様も、きっとご不安な事と思います。  ポリフェノールは健康や美容にいいとされていますが、妊娠後期に大量に取り続けると、胎児の血管が狭まったり閉じたりする「胎児動脈管早期収縮」を引き起こす可能性があり、胎児が心不全になったとの報告もあります。 ルイボスティーなどはカフェインが入っていないため、好んで飲んでいる妊婦さんも多いと思いますが、過剰には摂取しないように注意が必要です。 ポリフェノールは、ルイボスティーの他にもプルーン、ブルーベリー、カシス、ブドウ、赤ワイン、ココア、チョコレート、そのほかにも量の差はあれど、沢山の食品に含まれています。 さて、どこからが過剰摂取というかは実はとても難しく、明確な基準が決まっているわけではありません。毎日ポリフェノールを500~1,000mgを摂っている症例が多いという報告もあり、1000mgというのはルイボスティーで1日1.5L、ココアは1日10杯以上の計算です。 それを毎日なので、実際は相当な量だと思います。 質問者様がポリフェノールが高い飲み物を摂取されたのは数回のみという事で、そして現時点でお子様の成長に問題がないようであれば、気にしすぎなくていいかと思います。本当に動脈管が早期閉鎖した状態であれば出生後に必ず異常を指摘されます。 そして、先にも述べたようにポリフェノールはさまざまな食品に含まれていますので、あれもこれもダメとなるとかなり制限されてしまいます。 同じ種類のものを毎日過剰に摂取しすぎないようにする事が大事です。 以上ご参考になれば幸いです。 また何かご不安な事がありましたらいつでもご相談ください。

8

2023年01月12日 17時14分


参考になりましたか?
ハートを贈り高橋怜奈/産婦人科医YouTuber先生を
サポートしよう!

相談一覧