相談詳細

ワクチン接種後の全身麻酔について

10歳未満男性

お世話になります。一歳の子供についての相談です。 異所性蒙古斑の治療で全身麻酔をしますが、その前にコロナワクチン3回目を予定しています。 コロナワクチンから、全身麻酔までは一週間あきますが、問題ないでしょうか? 全身麻酔とワクチン(コロナ、不活化、生ワクチン)の間隔はどれくらい開けたほうがいい、目安はありますか?

こんにちは。 ご相談いただき、ありがとうございます。 全身麻酔での手術を控えた状況でのコロナワクチンの接種についてのご相談ですね。 こちらは日本麻酔科学会が2022年5月2日に出している提言がわかりやすいかと思います(https://anesth.or.jp/img/upload/news/9cae8b8d50e6a6c89ea69bc34a8349f1.pdf)。 簡単にまとめると ワクチン接種後の緊急ではない手術であれば ・理想は14日以上の間隔をあけることを推奨 ・接種後48時間以上経過していれば手術は可能 逆に先に手術を優先した場合 ・手術の経過が順調であれば、2週間あけることを推奨 主な理由として、コロナワクチン接種後数日間は副反応による体調不良を起こす可能性があること、コロナワクチンを接種することで十分な抗体が作られるまでに1〜2週間かかる可能性が高いことが挙げられます。 つまり、ワクチン接種後すぐに手術を予定すると体に負担がかかる可能性がある、手術の内容にもよりますが術後の負担で抗体産生が減ってしまう可能性があることなどが懸念されています。 ただ、実際には手術の内容や医療機関によって、接種が許容できる期間を個々で設けていることも少なくありません。そのため、まだ病院側に確認されていないようでしたら、一度お電話などで確認していただくことをおすすめします。 上記となります。 ご参考になりましたら幸いです。

1

2023年01月17日 10時36分


参考になりましたか?
ハートを贈りどっと@小児科医先生を
サポートしよう!

小児科専門医です。専門はアレルギーですが、小児に関することは幅広く診療しています。何かしらお力になれれば幸いです。

相談一覧