Amazon Black Friday 2023
広告

相談詳細

指名:Dr.ニコ(小児歯科) 先生

歯科医院の選び方

10歳未満女性

1歳1ヶ月(修正1歳0ヶ月)の子どものことで相談があります。

前回、ご丁寧にアドバイスをいただき、とても嬉しかったです。ありがとうございました。

今回は、歯科医院を選ぶ際のポイントを教えていただきたいです。
(近隣に2箇所歯科医院があり、どちらも看板には小児歯科と書いてあります。しかし、一方は小児歯科専門医がいるそうですが、もう一方はそうではありません。小児歯科専門医ではない方の歯科医院にはホームページがあり、子どもの健康な歯を守るための教室が定期的に開催されていると記載がありました。)

回答済み

歯科

引き続きのご相談ありがとうございます。前回の回答がお役に立てたのであれば嬉しい限りです!


お子さんのかかりつけ歯科医を選ぶ際のポイントということですが、法律による決まりや一般論などを踏まえた回答に致しますね。

歯科医院も場所によってはどこに行けば良いか悩んでしまいますよね。


まず、歯科医院の広告上のルールとして、掲げて良い科が法律で決まっており、その中には小児歯科が含まれています。1)

この掲げていい科については、何か特別な資格や基準は必要ありません。

続いて学会が認定する専門医に関しても広告として掲げて良い専門医が決まっており、小児歯科専門医も含まれます。これはその名の通りその専門医の資格を持っていなければ、掲げることはできません。


これらを見ると、お子さんのかかりつけ歯科医は小児歯科専門医一択!とお考えになる方もいらっしゃいます。確かにお子さんの口の状態や全身的な疾患、発達の状況や性格などによっては専門医の受診をおすすめすることがありますが、小児歯科を掲げていただいてる歯科医院でも、我々小児歯科専門医が信頼できる先生方やスタッフの方々はたくさんいらっしゃいます。

なのでどちらが良い悪いなどは一概にお答えする方はできません。小児歯科専門医はお住まいによってはアクセスしづらい場所もあるかと思います。お子さんの場合、転んで歯をぶつけ、処置が必要な場合、状態によっては処置までに時間がかかればかかるほど予後に影響が出てくることもあります。その際アクセスしづらい歯科医院ですと不利になりますよね。このことを考慮すると『アクセスのしやすさ』というのは考慮すべき点であると思います。


あとはやはり実際に行ってみて、お子さんはもちろん保護者の方含めて信頼関係が築きやすい、端的に言えば相性、というのもポイントかと思います。


参考になりましたでしょうか?お子さんのお口の健康が保たれますよう応援しています。


1)https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000209841.pdf

3

2023年05月19日 23時24分


参考になりましたか?
ハートを贈りDr.ニコ(小児歯科)先生を
サポートしよう!

小児歯科専門医のニコと申します。お子さんの歯やお口のことで疑問があればどうぞご相談ください!
Amazon Black Friday 2023
広告

相談一覧